カーライフ

2019年5月18日 (土)

グランドC4ピカソ・WAKO'S RECS 施工の巻

20190518a こんばんは、サッシーです。
ピカソさんですが、格好やら乗り心地やら使い勝手やらなど、とても気に入っているのですが、エンジンだけはいただけません。
基本的には前車のプジョー308SWと同じエンジンのはずなのですが、低速でギクシャクが激しくて、街乗りではひどく不快だったりしました。
PSAで共通的に使われているEP6型プリンスエンジンですが、直噴ターボの宿命なのか、カーボン堆積による不調が多く報告されていたりします。
このピカソさんの不調も同じ原因なのか分かりませんが、治せるものなら治ってほしいということで、直噴エンジンに効くと言われている、WAKO'SのRECSをやってみることにしました。
実は、先週末にあるWAKO'Sの処方ショップにお願いしてみたのですが、「色々調べたけど、負圧を取る場所が分からない」ということで、断念されたのでした💦
「仕方ない。じゃぁ、自分でやるかな」ということで、いつものようにDIYで実行です。
ただ、注入場所を間違えたり、注入量を間違えたりすると、エンジンを壊しかねない諸刃の剣だったりするので、完全に自己責任です。
さて、ヤフオクでRECSと注入キットを取り寄せて、GO❗

20190518bこのRECSですが、3,40分のアイドリングが必要なのと、白煙が出る可能性があるので、那須に来たついでにやろうと思っていました。
那須にキットとRECSを持ち込んで、必要な量を入れていきます。
このエンジンの場合は、1600ccなので160ccを入れます。
20190518c負圧がかかっているポイントのコネクタを外して、RECSのチューブを差し込みます。
このキットは点滴と要領は同じのようで、少量ずつ注入される仕組みになっています。
落下量を調整して、3.40分で全量が落ちるように調整します。
注入が終わったら、エンジン停止後、元の接続に直して、再始動します。
白煙が出なくなるまで空ぶかしせよとのことでしたが、我がピカソさんの場合は、ほとんど白煙が出ませんでした。というか、一人でやっていたのでよく分からなかったというのが正しいかもしれませんが💦
あと、ピカソさんはPレンジに入れた状態だと、4000回転まで回すことができないようです。
翌日、家までの200kmの道のりを帰る道中のインプレッションですが、街乗りでないので何とも言えませんが、これまでのところネガティブな印象は全くありません。
プラシーボもあるかもしれませんが、スムースな好印象です。
ちょっとしばらく様子を見ようと思います。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

2019 SuperGT Round2 Fuji観戦

20190503aこんばんは、サッシーです。
日付変わって5月3日、連休も中盤に差し掛かりました。今日は早朝から会社の人とレース観戦です。
何かというと、SuperGTの第2戦・富士スピードウェイまで行くのでした。
用賀のお宅まで寄ってピカソを置いて、プジョー3008で渋滞の東名高速に突入です💦
ようやく渋滞を抜けて鮎沢PAからの富士山で一休み。

20190503c 20190503b
今回観戦したのはクリスタルルームでした。パドックラウンジパスというやつです。
モニター付きのラウンジ(クリスタルルーム)からだけでなく、グランドスタンド2階のBエリア、グランドスタンド以外のフリーエリアで見ることができます。
これにはちょっと助かりました。晴れていたとはいえ夕方近くはは冷え込むので、逃げ込める部屋と椅子があるのはGoodです。
それから、ピットウォークの優先権が付いていて、ピットウォークチケットだけの人より10分くらい早くピットに入れます。
ピットウォークチケットを買う人の中には、レースクイーン目当ての人も多くて、ピットウォークが開始されると大挙してお姉さん向けにダッシュしてきます。
その人たちより先にピットレーンに入れるので、ちょっとの間だけ余裕でピットエリアを見ることができます。
とは言っても、ほんのわずかなサイン会時間や撮影時間のために殺気立っていたりはしますが。
それにしても、ピットで間近に車両を見られるのは、ちょっと刺激的です。
20190503d土曜日の予選は完全ドライで、コースレコードを出したMOTUL AUTECH GTRがポールポジションでした。
翌日の決勝に向けて、宿に帰って体力の補充です。
連休だしレースウィークだしということで、御殿場周辺では宿が取れず、やむなく三島のビジネスホテルを予約していました。しかも19,000円という驚愕の値段です💦
周辺の飲み屋さんで夕食にした後は、バタンキューでした。
20190503e 20190503f
さて、決勝です。
決勝当日はグリッドウォークが付いていて、スターティンググリッドに並んだ車両やスタート前のドライバーを見ることができます。
左は、ジェンソンバトン/山本尚貴のレイブリックNSXです。雨予想なのでタイヤ外しかかっていますね。
それから右は生きる伝説、高橋国光さんでした。見れてラッキー!と思いながら撮影しました笑
20190503gスタートは爆音を浴びたかったので、せっかくなのでグランドスタンドにやってきました。
ちょっと降り始めていたので、全車レインタイヤです。
セーフティーカースタートなので、スタンディングスタートとは違い爆発的な音ではありませんが、それでも迫力いっぱいで、鳥肌モノです。
20190503h開始後、雨が激しくなってきて15週目に赤旗中断が宣言されました。
小一時間ほどの中断後に、雨が止んだので再スタートです。
水しぶきの中、フルスロットルのGT車両に、またしても感動です。

なんだかんだと、それ以降は天気も回復して、途中からトップ独走だったMOTUL GTRがZENT CERUMO LC500にかわされて、フィニッシュとなりました。
前年度チャンピオンの山本尚貴のNSXは激しく追い上げて、3位表彰台という結果でした。
富士の第2戦は500㎞開催なので長時間のレースでしたが、最後まで目の離せない展開で楽しめました。

楽しんだ後は、同じく激しく渋滞中の東名高速を避けて、246で東京までのんびり帰りました。
久々のレース観戦、楽しかったですね。
 

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

新しい靴2019

20190421aa こんばんは、サッシーです。
ピカソさんも4万キロを超えて、タイヤがチビてきました。
ちょっとコーナー多めなせいか、外側中心に摩耗が進んでしまっています。1分山くらいでしょうか。
ここはGWを前にきれいにしておきましょう。
20190421a いきなり交換後の写真ですが、今回、ピレリのドラゴンスポーツ225/45R18に新しいホイールMSW/27に交換しました。
それぞれ別々にネットで買って、いつものTAKAオートで交換してもらいました。
前のホイールは、ヤフオクで超安価で買ったやつですが、元々傷がひどくて再利用はやめにしました。
20190421b ホイールのサイズ的には以前と同じですが、気持ちツライチになりました。
それからこのホイール、なかなか精悍な感じがしますね。
いつものことですが、新しいタイヤに替えると、少し乗り心地が良くなった感じがします。
まぁ、このタイミングでタイヤを交換したので、しばらく乗り続けるのは確定です。
(なんて、いつもこんなこと言ってますが)

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

グランドC4ピカソ ・ THULEキャリアバーの装着

20190413a 今回の那須の滞在中に、GWに向けてピカソさんにキャリアバーを装着しました。
GWにキャンプに行く予定なのですが、クーラーボックスが大きくなっていたり、子供たちの寝袋や荷物が多くなっていたりして、ラゲッジルームだけでは足りなくなってきていたのでした。
なので、307SW時代から使っているルーフボックスを復活させようと考えているのですが、あいにくカーメイト製ではグランドC4ピカソ向けのキャリアベースがありません。
なので、仕方なくTHULEのキャリアベースとスクエアバーを購入しました。
早速、取り付けていきます。
20190413b取り付けに若干コツが要りましたが、無事装着完了です。
なのですが、このスクエアバー、風切り音がヒドイです。あるスピード域になると、「ホーホー」と笛みたいな音が盛大にします。
ルーフボックスを付けると鳴らなくなるようだといいのですが。

 

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

グランドC4ピカソ・MyCITROENアプリ

20190108aこんばんは、サッシーです。久々の車ネタです。
iPhoneのアプリに「My CITOROEN」というアプリがあります。
何ができるかといっても、大したた話ではないのですが、燃費が分かります。
ピカソのUSBコネクタにiPhoneとつなげておくと、エンジンスタート~停止の間の走行距離と燃費を計測してくれます。
走行ごとにも管理されるのですが、月ごと、年ごと、全体など、様々な期間で管理してくれます。
これで燃費を見ると、街乗りの時の燃費のひどさには、ちょっと呆れてしまいますね。7km/lって・・・・
20190108b
もう一つ、Scan My CITOROENというのもあります。
こちらは、場所ごとのマニュアルが入っていて、指定した場所のマニュアルが表示されます。
ただし、英語です
こちらの方は、あまり使わないかもですね。

それにしても、既に「Space Tourer」となっているあたり、一抹の寂しさがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

次期FX? 2018

20180902aこんばんは、サッシーです。
今週は那須に行かない週でした。
ちょっと気になっていて、近所のMINIのディーラーにクルマを見に行きました
いつもの通り、「ちょっと見るだけ」のはずが、試乗までして見積までもらってニヤニヤしながら帰ってきたわけです
イタフラ車以外の車に久々に乗ると、結構新鮮ですね。ほしくなっちゃいますまぁ、買わない(買えない)と思うのですが・・・
20180902b今まで「7人乗り」というのにこだわってクルマ選びをしてきたわけですが、なんだかんだとこの数年は6人以上乗るのは年に1,2回ということもあって、「5人乗りでイイんじゃない?いざというときはタクシーで」という風に考えるようになってきました。
そうすると、俄然クルマ選びの幅が広がります。
とはいえ、今現在ピカソは結構気に入っていて、敢えて変える必要もあまりなく、それ以前に経済事情が許さないということで、あえなくチーンとなりそうです。

ちなみに、試乗したのはMINIクロスオーバーのクーパーSDでした(買うとしたらクーパーDですが)
ピカソが唯一気に入らないのが、寝てたかと思うと猛然と加速する気が利かないエンジンフィーリングと、エアコンかけるとガソリンをばら撒き続ける燃費なので、次に買うとしたらディーゼルかなぁと思っていたりします
EUでは2040年までにガソリン・ディーゼルを全廃するというので、「今さらディーゼル?」という気もしますが、我が家のように長距離を多用するケースでは、ハイブリッドよりはディーゼルのほうが経済的なようです。言うまでもなくEVは航続距離がもたないので。 なーんて考えたのですが、ピカソさんの下取りが110万円と聞いて、意気消沈したところです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

グランドC4ピカソ・またしても・・・・・

20180225aこんばんは、サッシーです。
ピカソさんの不調が続いていて、那須に行けない日々が続いています。
さすがに、補償期間内の修理でもあるので、代車もお借りしているのですが、スタッドレスでもないので那須に行けずという状態でした

これまでのピカソさんですが、1月14日に24か月点検の際にエンジン不調の旨伝え、修理してもらって以来、入出庫を繰り返しておりまして、現在は部品待ちということで、完了予定が3月上旬ということでした。
なので、ずっと代車生活を送っているわけですが、もうしばらくの辛抱のようです

これまで、1,2番シリンダーイグニッションコイル交換、プラグ4本交換(有償)、高圧ポンプ交換、O2センサー交換、ECU交換を行っていただいたのですが、改善されず、エンジン不調が再発してしまいました。

どうやら、最終的に判明した原因としては、チャコールキャニスターに「何らかの理由で」タンクからのガソリンが想定より多く流入したことにより、燃調に不調をきたし失火してしまうという状況ということでした。
タンク交換が必要ということなのですが、あいにく国内に燃料タンク在庫がなく、取り寄せということで3週間待ちということになりました

長くなりそうということもあって、我が家のスタッドレスを付けた別のピカソ代車に替えていただいたのですが、どいういうことか、この車でも「エンジン故障、要修理」と出てしまい、同じ症状がでてしまいました。あえなく1度も那須に行くことなく、たった1日で返却です。チーン
この代車ピカソ、最新型のようで、ディスプレイ各所が日本語表示になっていました。
ACC(アダプティブクルーズコントロール)なんかもついていたので、試そうと思っていた矢先だったので、とても残念です。

というわけで、最短で那須に行けるのは3月中旬になりそうです。
雪がなくなっちゃうかな~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

那須山小屋作り(2018年2月)

20180212aこんばんは、サッシーです。
2月の連休になりました。
実はピカソさんの調子が直らなくて、点検から戻った後、EngineFaultが再発し、3週間も修理に出ていたのでした。
那須へはスタッドレスでないと来れないので、お借りしている代車ではままならず、ちょっと間が空いてしまいました
結局、ピカソさんが土曜の夕方に無事帰還となり、そのまま那須に来たのでした
今回はひとり旅です。
スタートが遅かったので、珍しく全編高速です
結局、着いた時間は普段と同じくらいでした

日曜朝、起きてみると雪が輝く晴れとなりました早い時間からスキーへ向かう車が列をなして、昼前には渋滞になっていました。
この日は一日本を読んだり散歩したり、まったり過ごしました。
夕方、翌日の作業用にビバホームに行って、帰りにお風呂でおしまい。
しかし、この日の桜の湯は、露天風呂のお湯が半分しかありませんでしたメンテナンス中だったんでしょうか
20180212b月曜日は朝から雪でした。Yahoo天気予報では那須地方は晴れの予報でしたが、我が家あたりは会津の天気に近いんですね
この日は外作業をしようと前日に材料を買っていたのですが、「まぁ、次にしようかな」ということで、またダラダラと過ごしました
20180212c今年は雪の多い年ですね。那須も例外でないようです
裏の雪庇の高さは2m以上にもなろうかというくらいです。
こんなに積もっていても、あと一月もしたらすっかりなくなってしまうんですね。
次に子供たちと来る時まで、雪が残っているといいんですが。。
20180212d前回の作業ですが、ずっと残っていた未施工の部分をやっつけました。ベンチの脇の部分です。
「そのうちひょっとしたら薪ストーブ入れるかもしれないし、そうしたらここは耐熱タイル(レンガ?)かなんかを貼ることになるから後でいいか~」
なんて考えていたので、後回しだったのですが、この冬で石油ストーブを新調してしまったこともあり、とりあえず蓋をすることにしました。
この後で仕上げをしていこうと思います
これで、未施工の部分は、玄関土間と靴箱扉の2ヵ所だけになりました。いつやるかな~

ところで、ピカソさんは1,2番シリンダーの失火ということで、イグニッションコイルの交換と、高圧ポンプ、ECU交換まで行って、すっかり別人になって戻ってきたのですが、帰り道、再びエンジン不調(ガクガク失速~停止)が訪れて、またしても修理送りになりました
ずっとイタリア・フランス車を乗ってきたので、ある程度は慣れっこですが、最近のクルマにしてはちょっと多めですかね。
まぁ、補償期間ということもあるので、呑気に構えていこうかと思います

次は2週間後かな。それまでにピカソさんが治りますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

少しだけ春を先取りしてきました

20180128aこんばんは、サッシーです。
今週は那須に行かない週です。ちょっと暖かいところに行きたいねぇ、とEmiさんと話していたのですが、ピカソさんが修理に行ってしまっていて、代車しかありません。
「代車で遠乗りしてもよいですか?」と聞いたところ、「もちろん」とのことだったので、ディーラーの厚意でお借りしたプジョー308SWでお出かけです

しかし、同じ名前のクルマに以前乗っていましたが、別のクルマになっていました
今回の308SWはGTグレードだったこともあって、とにかくパワフル&硬質でした
ピカソの鷹揚な感じに慣れてしまっていると、ちょっとトゥーマッチに感じてしまいます。とはいえ、多分慣れたら当たり前になってしまうんでしょうか。
とりあえず、一日乗った感想では、「早くピカソに戻りたいな」というものでした。
20180128bそんなこんなで、朝6時前に子供たちを叩き起こして、有無を言わさず出発です
行先は、勝浦の朝市です。ディーゼルターボのパワーをいかんなく発揮して、8時半頃には到着したのですが、まだ人も出揃っていない時間でした。
とりあえず、朝市新鮮広場うおすいというお店で海鮮丼などを頂いて、朝ご飯としました。
あとは、甘酒で暖を取りながら何往復かブラブラして、金目鯛やら鯖やらの干物や、お餅、干柿や干芋などいろいろ買込んで、大満足で後にしました
20180128dそのあと、南房総方面まで繰り出しましたが、残念ながら花摘みにはまだ早く、ローズマリー公園に寄った後、昼食にしました。
長狭街道のみらいで大人は担担麺、子供はラーメン、チャーハンを頂きました。全員食べて3000円ですので、とてもリーズナブルです。しかも担担麺は手作りの肉味噌も美味しくて、我が家のお気に入りです

日が昇った後の房総は、プジョーさんの温度計も9度を指していて、上着一枚軽くできるくらいの温かさでした。
昼食後は、早めに帰路についてプジョーさんに軽油をごちそうして帰りました
まだまだ冬の厳しさは続きますが、頑張っていきまーす

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

グランドC4ピカソ・ウィンドウリペアの巻

明けましておめでとうございます
今年が皆さんにとって良い年でありますように
こんばんは、サッシーです。
さて、いきなりのクルマねたですが、大晦日に那須から帰る道中、雨の中4号バイパスを激走中に大きめの飛び石があって、フロントガラスに傷が入ってしまいました
20180103a結構ヒビが入ってしまっていて、3cmくらいはあろうかというものでした。
気休めにゴミが入らないようにセロファンテープを貼っておきましたが、雨の中を走ってきてしまったので、ちょっと心配です。
20180103dガラス交換という思いもよぎりましたが、ダメ元でウィンドウリペアにチャレンジです。
たまたまEmi親族の新年会の席でウィンドウ傷の話をしたら、「僕持ってますよ。あげますよ」というN井くんの一言で、チャレンジ決定です
N井くんありがとう
20180103c20180103e
ということで、効能書き通りに進めていくことにしました。
まず、安全ピンのようなもので、中心部分をホジホジしてゴミなどを取り除きます。
その後ポジショニングツールの中心をキズの中心に合うように吸盤をセットし、レジンチャンバーなるものをねじ込んでいきます。
20180103f 20180103g
レジンチャンバーの中に補修液を数滴注入します。
プレッシャードライバーなるものをネジ込んでいき、液を圧入します。
入りずらい場合は、数分おきに緩めたりネジ込んだりを繰り返すとよいようです。
20180103hこの後、日の当たるところで硬化させます。
この液体はレジンなので、紫外線で硬化するため、日向で15分程度硬化させる必要があります。
硬化してみたところがこの写真です。
中心部のキズはともかく、ひびがまだかなり残っています。
20180103i20180103j
ヒビになっている上から、補修液をたらして、フィルムを置きます。
ウィンドウの裏側からドライヤーで温め⇒冷却⇒温め⇒冷却を繰り返します。
そうすると膨張~収縮の過程で液が入っていくようです。
20180103kこんな感じになりました。8割方消えました。
ただ、まだヒビの端が少し消えていません。
完璧を期したいところですが、この日はちょっと風が強くて、フィルムにどうしてもゴミを噛みこんでしまうので、これで終わりにしました。
他の日に再トライすることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧