« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

【リフォーム】下駄箱を増設しますー2

20201227f_20201231163501 こんばんは、サッシーです。
2020年も大晦日になりました。
作りかけの下駄箱を何とかしないといけませんね。
前回、天板を塗ったら色が納得いかなかったところまでやりましたが、結局いろいろあって天板を作り直すことにしました。
前回の那須の写真ですが、黒磯のビバホームで木材を買って切り出ししておいて、東京に持ち帰りました。
20201230a 20201230b
扉用の木材も那須で切り出し済みで、トリマーでギンナン加工まで終わっていましたが、スライド蝶番を取り付けるための穴をあけて、丁番を取り付けていきます。
20201230d20201230e
扉を4つ付け終えて、ワトコオイルのミディアムウォルナットで着色しました。
こちらの方がしっくりしますね。
やっぱり作り直してよかったです。

20201230f 20201230g
20201230hパイン材の取っ手をワトコオイルで着色して取り付けました。
ワトコオイルをはじいてしまって、色乗りが悪いので、後でやり直さないとですね。
この後、マグネットキャッチを取り付けておしまいです。
20201230i完成です。
なんとか大晦日に間に合いました。
24足分は入るので、とりあえず収納力に不足はないと思いたいです。
なんだか、急いで作るとミスばっかりでいけませんね。
今年もいろいろ作りましたが、あまり腕が上がっていないのが難点です(笑)
来年はもうちょっと慎重にするか、いい道具を買おうと思います。

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

那須山小屋づくり - 年末の那須 2020

20201227a こんばんは、サッシーです。
もう2020も暮れようとしていますね。今週はEmiさんと二人でやってきました。
金曜の夜に氷点下の那須に着きましたが、完全に小屋は冷え切っていて、なかなか部屋が暖まらずに難儀しました。
夜のあいだ少し雪が積もって、土曜の朝にはこんな感じでした。真冬の景色です。
20201227b朝の間は、日が昇るまではどうしてもソーラーパネルに雪が積もってしまいます。
我が家のソーラーパネルの仰角は35度で、物置の屋根もそれに合わせてあるのですが、これくらいの角度だと、雪が滑り落ちるには足りないようですね。

20201227c 20201227d
この日は、前回作業した土台ログの補修の続きをやろうと思っていたのですが、あまりに寒くて計画変更です。
こんなに寒いと、ドアを開けていられないので・・・
というころで、防獣柵の撤去をやることにしました。
そろそろ雪が積もってきたので、雪と風で壊れてしまうのを防ぐためです。
既に一部は埋まってしまっていて、掘り起しながらの作業だったので、時間がかかってしまいました。
なんだかんだと昼の間中かかって、ようやく片付きました。また春になったら設置しようと思います。
20201227e明けて日曜日は朝焼けの天気で、土曜日より少し暖かいようでしたが、雪は解けずに残り始めているようです。
冬の那須の夜明けという感じですね。
20201227f土曜の夕方、温泉に行きがてらビバホームに寄って、木材を買っておいたので、この日は東京の家で作り始めた下駄箱の木材を切り出しました。
カットサービスを使うつもりでしたが、17時に終わってしまっていて、手作業で切る羽目に。
あまり大きなサイズの板をソーガイドもなしに切ったので、グダグダです💦

20201227g帰る前にご近所さんにご挨拶に伺いました。
那須高原ジャージー農場には、たくさんのヤギがいるのですが、子ヤギが牛の衣装を着ていて、とても可愛いかったです。
なんでも、親ヤギが育児放棄してしまったらしく、人が授乳していたので、自分は人間のつもりになっているそうです。
20201227j 20201227i
20201227k昼前に山小屋を出て、昼食にしました。
以前も来たことのあるフランクリンズカフェです。
ワタクシはチーズと玉子の焼きカレーを、Emiさんはポットパイビーフシチューのパンセットを頂きました。
食後にコーヒーも。
ここは寺子の森の中にあってゆったりしていて、とても好きです。

この後294号をのんびり走って、夕方に家に着きました。
次に来るのは1月かな。

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

今年の一枚2020

20201222aこんばんは、サッシーです。
激動の2020年ももうすぐ暮れようとしていますね。
ワタクシも世間の例に漏れず、3月中旬からはテレワークを余儀なくされているワケですが、始めた当初は1年がこんな終わりになるとは思ってもいませんでしたね。

そんなこんなで、今年の後半のテレワークのお供に(休憩中ですよ)ずっと聴いていたのが、HAIMのWomen in Music Pt. IIIです。
HAIMと言えば、万能姉妹として知られるHAIM三姉妹のグループなわけですが、デビューして以来ずっと聴き続けて、これが3枚目のアルバムになります。
最初に聴いたのは山小屋を作るかどうか決断するまさにその頃だったように記憶しています。
三姉妹の父だからことさら思うのかもしれませんが、ずっとお気に入りのグループでもあります。
そんな3枚目のアルバムですが、いつものポップさとある種のお洒落さは健在で、この秋~冬の間はずっと聴き続けていました。

このアルバムのことを書こうとして感じるのは、HAIMってダンサブルな曲はあっても、ノリノリというよりは少し乾いた感じがするなぁ、ということですね。
まさかカリフォルニアのバンドだからというわけではないでしょう。
なんでしょうね、時代は進んで「メリークリスマス」を「ハッピーホリデー」と言うようになったり、
パートナーには依存しない。奇麗な服は着るけど異性のためではない。とか。もっと言うと、容姿端麗・才色兼備の三姉妹が、ガールズバンド的な評価を受けることを望まないのはもちろん、何かしらのアイコンとして崇めらたくもない。けどそれほど肩肘も張ってない。なんていうのがごく自然にさまになっているあたり、なにか既にワタクシの聴いてきた音楽や世界とは全く違うものになっているのを今更ながらに感じます。

たぶん乾いて抜けたと思っている水分は、ワタクシの世代含めた「過去」なんでしょう。
多様化だったり分断だったり、旧来の制度価値は解体されていくわけですが、いろんなものを置いて行って、いったいどこに向かっているのだろうと思うことしばしばです。
それを確かめようにも、そのころにはワタクシはジジイになっているわけですが。。。

クリスマスを明後日に控えて、我が家の三姉妹が逞しく生きてもらうことを願うばかりです。
ということで、今年の一枚でした。

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

【リフォーム】下駄箱を増設しますー1

20201220aこんばんは、サッシーです。
那須に行かない週が続いてしまいました。今週も東京です。
土曜の夜に思いついて、下駄箱を作ることにしました。
今年は人数が増えたり子供の足がどんどん大きくなったりで、下駄箱のキャパが不足気味です。
まぁ、コロナ禍でワタクシは出勤回数が激減しているのと、定年も近いので、革靴はあまり必要なくなってきただろうというツッコミはありますが、要らなくなったら壊せばいいので、とりあえず作ることにしました。
午前中に概要をラク書きしておいて、木材を揃えてから、午後にスタートです。
ここまで書いたら、出来たも同然・・・のハズですが・・
20201220b寒い中、どんどん木を切っていきます。
今回は、手持ちの木材から多くを切り出したので、カットサービスを使いませんでした。
なので、精度がちょっと低めです。
殆どの工具が那須に置いてあるので、こういうときちょっと不便ですね。

20201220c早く家の中で作業をしたくて、一気に切り出しました。
こういう風にやっつけ作業をした時は、たいていどこかでミスをしています。間違いありません笑。
よせばいいのに、棚板をダボで可変にしようとしていて、ダボ穴をたくさん空けました。
冷たい風が吹いていて、切り屑が舞ってしまい、掃除するのに難儀しました。
仕方なく、室内用の掃除機で吸い込みます。
20201220dこの日の作業は、もともと外枠と棚板まで作成する予定でした。
靴を仕舞えるようにしないと、区切りがつかないからです。
天板を塗ってみたのですが、ウォルナットだと思って買ったワトコオイルがマホガニーだったので、ちょっと赤くなってしまいました。なんだかなぁ笑
この後、天板を剥がして別の板で塗りなおそうと考えましたが、なんだか見慣れてきた気がしてきたので、続行するか思案中です。
Emiさんは、「いいんじゃない?」って言ってましたが、どうしようかな。。
あとはいつものようにヒンジで開閉する扉を作ったら完成です。
正月までにできるかな。

| | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

那須山小屋づくり - 玄関ドア枠の補修

20201205b こんばんは、サッシーです。
今週は、ずっと懸案になっていた玄関ドアの敷居の補修をしました。
始まりは1年以上前から前兆があったのですが、今年の春ごろにヤバそうなことに気づいて、手遅れにならないうちに直そうと考えていたのでした(もう手遅れという話もありますが)。
ビッグボックスさんに相談したところ、我が家のモデルの玄関枠は在庫していないので、海外(フィンランド)から取り寄せるとなると時間・費用が掛かるということで、図面を取り寄せて有償で作ってくださることになりました。ビッグボックスさんありがとうございます。
さて、無事届いたので、修理することにしました。
さすがに新しい木材はキレイですね。それに比べて腐食した敷居は無残なことに・・・
20201205cまず、ドアを外します。
このドア、すべて木でできていて、ペアガラスが埋め込まれているので、結構重いです。
ワタクシは作業の時は安全靴(長靴)を履いているので、つま先に乗せてテコのようにして持ち上げました。
この後、周りのカバーボードを室内・室外とも外していきます
ドア枠を外したら、グラスウールなどは再利用するので取っておきました。
20201205dドア枠を外した状態です。
板材が1枚あるので、それも外します。
我が家のモデルは一部不具合があって、ドアの切り欠き位置が低くて、既定のドアを置いてもドア上部の隙間が大きすぎてカバーボードでも覆いきれないほどになっていました。
建てるときにビッグボックスさんに相談して、床材(28mm)を1枚敷いて高さを上げてあるのでした。
これも外して、土台ログの状態を見てみようと思います。
20201205e外したドア枠です。
下の敷居の部分は腐食しているのが分かっていたので、想像通りですが、側枠の下の方が腐食していたのはショックでした。
ただ、この後、さらにショックなものを見ることになるとは・・・
20201205iこれは側枠の下部分です。。
まぁ、こうなりますよね。。
20201205f20201205g

一枚板の部分を外して土台ログを見るために、玄関前のウッドデッキ材を一時的に剥がしました。
土台ログにはウッドデッキを支えるための根太が密着させてあります。
これも外します。
ようやく土台ログが見えましたが、形は何もないようですが、ノミで突いたらグズグズになっていました。
腐食だけでなくシロアリの被害もあるかもしれませんが、穴が見えなかったのと、アリの姿が見えなかったので、もういないか、ただの腐食か今となってはわかりません・・
密着していた根太材は無傷だったので、シロアリではないかもしれません。
ただもっとも根太材は防腐処理されていますが。
20201205hとりあえず、被害程度を見るために、ひとしきり崩してみましたが、対策もなくやってもきりがないので、後回し(笑)にして、ドア枠をやることにしました。
今回持ってきた敷居パーツに防腐剤を塗っていきます。
念入りにビチョビチョになるくらい塗りました。意味ないけど。
20201205j20201205k
デッキを組み立て直します。
土台ログに密着していたデッキの根太ですが、密着していたことで水はけが悪くなっていたことは否めないので、デッキから8cm離すことにしました。
同時にデッキ材自体も3cm程度短くして、デッキ材とログ本体にスペースを開けることにしました。
ちなみに、デッキ自体も規定仕様だと高くなりすぎてしまうので、施工時に3,4cm下げているのですが、どうやったら正解だったのか今となっては分からないですね。
まぁ、この辺がセルフビルドならではだと思うので、失敗から学ぶしかないですね。
20201205l板材を新しく敷く前に、気休めにログ材にサンダーをかけました。
床板材を1015mm×75mmに切り出して、防腐剤をしっかり塗って貼りました。
20201205m組み立てたドア枠を組み付けます。
外した手順通りですが、一人でやっていたので写真はありません・・
くたびれたゴムストリップをタッカーで取付けて再利用しました。
今度、新しいものを入手して取り替えようと思います。
20201205n網戸の枠も取り付け直して、ドアを取り付けたら完了です。
実は、ドア敷居を新しくしたことで、ドアが当たるようになってしまっていました。
なので、ドア下部を7㎜くらい削って当たらないようにしています。
以前にもドアの下部分を同じくらい切っているので、トータルで2cmくらい短くなっているかもしれません。

これでひとまず完了です。
色々と相談に乗っていただいたビッグボックスさんありがとうございました。

今回は、翌日に子供の付き添いがあって、土曜日中に帰らなくてはいけなかったので、木材の交換と悪化しないための対処だけにしましたが、遅くならないうちに、腐食した土台ログの部分を補修しないといけないですね。

今回の腐食の原因ですが、考えられることがいくつかあります。
家ができてから3年間、雨どいを作っていなくて、ウッドデッキに跳ねた雨だれがかかって、絶えず濡れていることが多かったこと。
南側に面しているので、雨が吹き込みやすいこと。
ウッドデッキ根太とウッドデッキ材が土台ログに密着していて、水はけが悪く湿気が留まりやすかったこと。

まぁ、終わってしまったことは悔やんでもしょうがないので、今後の糧にしようと思います。
土台ログの修繕をどうすうるか・・・・土台だけに交換できないので、またビッグボックスさんに相談させていただこうかと思います。。。


20201205pこの日の那須は、予報こそ晴れでしたが、終日あられのような雪が舞っていて、底冷えのする陽気でした。
茶臼はずっと冠雪していて、もう真冬になってしまったことを感じます。
1日で片付ける必要があったので、夕方までずっと作業して、お土産を買いにチーズガーデンによって帰りました。
年内にあと1、2回来れるかな。


| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »