« 次期FX? 2018 | トップページ | レストランアラスカ2018秋 »

2018年9月 9日 (日)

那須山小屋作り(2018年9月-1)

20180909a こんばんは、サッシーです。
9月になりました。今週は1人の週です。夏休みも終わってちょっと道も空いてきたのでしょうか、全編下道をのんびり走っても12時前に到着しました
明けて土曜日は空模様が心配だったので、朝ご飯を食べたら一通り草刈りをやっつけました。
去年は1つだけだった栗の実がたくさんなっていたのですが、台風で半分くらい落ちてしまっていました。
中を見ると、食べられないくらい小さいものでした。残念
残りの実に期待です
20180909bこの週末は、草刈りをしていた時と、お風呂に行ったとき以外は、ほとんど雨が降っていました
気温もあまり上がらず、20℃くらいでした。さすがに夜は長袖です。
こうやって一雨ごとに秋が深まっていくのですね。

9月はいろいろ予定が入っていてしばらく那須に来れない週が続きそうです。草ボーボーになっちゃうかな

|

« 次期FX? 2018 | トップページ | レストランアラスカ2018秋 »

セルフビルド」カテゴリの記事

コメント

生理落下かな?
HandyManさん、写真を見ると生理落下の可能性が有ります。栗の種類が分からないので断定出来ませんが毬が多く着きすぎた時は夏に自然落下します。そうすることで残った毬に養分を行き渡らせ、成熟させます。愛媛では八月半ば辺りに落ちます。当然、中の実は成熟に至らないのでぺらぺらです。落下時期が少し遅いので別の原因としては病害虫の可能性も有ります。毬が黒っぽいのはそれかもしれません。それらの毬は後日、地中に埋めるか焼却するなりした方がいいです。のこりの毬に期待しましょう。こちら愛媛では早生栗が落ちています。猪との奪い合いです。那須も猪に注意してください。街中で三頭連れを見たことがあります。長文失礼しました。

投稿: あいなか | 2018年9月11日 (火) 07時15分

あいなかさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。アドバイスとても助かります。落ちた栗は埋めてしまったほうが良いのですね。
おっしゃる通り残りの栗に期待したいです
それから、イノシシですが、近所の方が言うには、近くをウロウロしているイノシシがいるそうです。いたるところ掘り返した跡を見たりするので、気を付けないといけないですね。
またよろしくお願いします。

投稿: サッシー | 2018年9月11日 (火) 16時30分

HandyManさんこんばんは。
説明不足で誤解を与えるといけないので再度書き込みです。 生理落下の毬は必ずしも埋めたり、焼却する必要はありませんが、そうすることがベターです。病害虫の可能性がある毬は埋めるなり、焼却することが後々の為です。 昨今、野焼きは規制されているので少量なら燃えるごみで出してもいいかなと思います。 猪対策は1.電気柵、2.金網 が一般的です。近くで猪が掘った跡があり、目撃情報があると言う事は不在の間にやられるかもしれません。落ちたくりを食べられるだけでなく、なっている毬にジャンプして落としたり、登って枝を折ったりします。アドバイスが遅きに失しましたが早目の対策が肝要です。 私はUターンの者で未だ勉強中ですがアドバイス出来ることはお伝えします。メール等何なりとどうぞ。

投稿: あいなか | 2018年9月12日 (水) 21時51分

サッシーさん こんにちは。

私の林の入り口に大きなシバグリ(ヤマグリ)の木があって毎年7月~8月にかけて未成熟の堅果が入った状態でたくさん落ちます。

最初は病気かなと思っていましたが、秋になると必ず大きな堅果のたくさん入った殻斗がたくさん落ちてきます。
おいしいです。
毎年開花からのパターンが同じなので病気ではないと思っています。

殻斗の部分は取っておいて乾いてから焚火の焚き付けにしています。深まる秋の一日、残った堅果がはじける音や殻斗が燃えるいい香りを楽しんでいます。
これからいい収穫があるといいですね。

Woodsman

投稿: Woodsman | 2018年9月13日 (木) 10時57分

あいなかさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
落ちた栗は焚火のついでがあれば燃やすか、あるいは埋めるかしようと思います。
イノシシは厄介ですね。まだ姿は見ていませんが、柵をするのも見栄えの点で躊躇してしまうので、ちょっと様子見したいと思います。その間に被害に遭ったら諦めるしかないですが

投稿: サッシー | 2018年9月13日 (木) 17時54分

Woodsmanさん、こんばんは。
Woodsmanさんのところにも栗があるのですね。我が家に栗を植えてから、ほかの家の栗も気になったりして、道中でなっている栗をしげしげと眺めたりしてしまいます。
残った栗が大きな実をつけてくれるとよいですが、しばらく行けないので、タイミングが悪いかもしれません

投稿: サッシー | 2018年9月13日 (木) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須山小屋作り(2018年9月-1):

« 次期FX? 2018 | トップページ | レストランアラスカ2018秋 »