« Shure SE215イヤホンの修理 | トップページ | おうちDIYいろいろ »

2018年3月11日 (日)

那須山小屋作り(強風対策編-1)

20180311a こんばんは、サッシーです。
ピカソさんがようやく修理から戻って、久しぶりに那須にやって来ました
金曜の夕方ギリギリに戻ってきたので、滑り込みセーフでしたが
金曜夜の道中もずっと雨だったのですが、那須でも結構気温が高かったらしく、土曜起きてみると、雪がほとんど解けてなくなっていました
裏の氷河だけはしぶとく残っていましたが
20180311b今週は、留守の間気がかりだった工作をやっつけました。
物置小屋のサッシが外れかかっていて、風で飛ばされそうになっていました。今週来てみると、まだ残っていたので、早速取り付け直しです。
それにしても、サッシのペイントは水性の屋外用塗料を使ったのですが、やっぱり耐候性はちょっと劣りますね。
2年もたたずに剥がれ始めてしまいました
20180311c次は、ログハウス本体です。
我が家のログハウスは、ミニログとしては大きい部類のものですが、一番長い壁が7mを超えます。
さすがに一本のログ材ではないので、途中で継いでいるのですが、最近「んちょっと隙間空いてる」と感じることがあり、ちょっと対策することにしました
20180311d 20180311e
どうするか思案して、ターンバックル的なもので引っ張れたらと思ったのですが、なかなか都合よいものがありません。
考えた結果、こんな組み合わせにしましたというパーツです
柱固定用の羽子板2つとアンカーボルトの組み合わせですが、とりあえず様子見に1つ取り付けてみることにしました。
まずは、羽子板を仮置きしてマーキングしたら、ボルトが貫通する部分に穴を開けます。
20180311f羽子板をビスで止めるのですが、付属していたゴツいビスは四角いネジ穴で、いくら探しても道具箱に見当たらなかったので、普通のコーススレッドで仮止めしました。
ボルトを通して軽く締めて完了です。

この壁は那須おろしが絶えず吹き付けて、ひどいときはグラグラ揺れるくらいの場所なので、用心に越したことはないということで。
これでしばらく様子を見ようと思います
~~~~~~~~~~~~~~~~
20180311g土曜日は久々におおるり山荘にお風呂に行ったのですが、ロビーのテレビが小っちゃくなっていました
全然見えない
我が家のお気に入りの温泉の一つなので、ずっと続いてほしいものです。

この週は、帰り道もピカソさんは快調でノントラブルで帰りました
つぎは2週間後かな

|

« Shure SE215イヤホンの修理 | トップページ | おうちDIYいろいろ »

那須」カテゴリの記事

セルフビルド」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須山小屋作り(強風対策編-1):

« Shure SE215イヤホンの修理 | トップページ | おうちDIYいろいろ »