« 那須山小屋作り(コンポストトイレ導入編) | トップページ | 那須山小屋作り(キッチン編) »

2015年3月29日 (日)

那須山小屋作り(コンポストトイレ導入編2)

こんばんは、サッシーです。
この週末も那須にやってきました
春休みということで、子供の休みに合わせて金曜日に休暇をいただいていて、ディズニーランドなどに行っていたので、Emiと子供はお疲れ休みでした。
なので、ワタクシだけの那須行きでした
4月になると仕事の都合で来れない日もありそうなので、今のうちに少しでも進めておきたいところなのでした。

着いてみると、またしてもトイレが倒れていました
先日倒れてから、レンタル業者さんに修理と再固定をお願いしていたのですが、汲み取りしてもらったことで、軽くなってしまって、那須の強風にはもはや耐えられないようです
20150329a 20150329b
20150329c 20150329d
となると、トイレの導入を急がないといけません。
先日壁に穴を開けたままになっていたところに、排気パイプを通します。
角度はこれでいいとして、固定するために煙突用のステーを加工して使います。
先端にはT字笠を取り付けました。本当は屋根の上まで伸ばさないといけないらしいのですが、距離が稼げない中で、排気効果を少しでも稼ぐためというところです。
虫(ハエ)の侵入が一番怖いので、防虫用の網を念入りに装着します。
20150329e 20150329f
20150329g 20150329h
パイプの形が決まったところで、この隙間です。
何で塞ぐか思案したところ、やり直しが効きやすくて、大きな隙間を防げるものということで、油粘土を使うことにしました。
細かくちぎりながら塞いでいきました。
まずまずです。油粘土の耐候性は恐らく低いので、後でコーキングが必要だと思います。
20150329iこんな感じで排気パイプが設置できました。
この位置だと冬の間の猛吹雪では雪が吹き込んでしまいそうなので、カバーを作らないといけなさそうです。
20150329j20150329k
さて、室内の工事ということで、トイレ部屋を作ります。
部屋作りは2X4でやるのですが、セトリングのために固定できないので、スライド金具もどきを使用します。
これはスチールラックの金具ですが、これをL字に加工したりします。
20150329l 20150329m
左 : 分かりづらいですが、ログ壁にスタッドを固定しました。
右 : 部屋の壁はパインの屋根材を使います。これだとクギ跡が目立たないので。
20150329x 20150329w
20150329z 20150329y
どんどんスタッドで壁のベースを作った後、羽目板張っていきます。
どうしても固定できないと歪みが補正できず傾いてしまうので、こんな風に上部に抑え材を作って歪みを補正します。
左右の壁ができました。
後は前面のドアと左右の壁、天井を張ればトイレ部屋の完成です。
20150329p 20150329o
20150329q 20150329r
20150329s 20150329u
その間、コンポストトイレの導入準備です。
まず、同封されていたコンポストクイックをドラムの中に吹き付けます。
取り出しトレーなどいたるところに吹き付けます。
導入時には、内容物として針葉樹チップが3袋同封されています。
このうち、1.5袋を使います。
バケツに小出しにして、ぬるま湯に浸します。
まんべんなく浸ったところで、ドラムに投入します。
1.5袋分投入し終えたら、添付のマングローブミックスを1/2袋投入します。
20150329vすべてを投入し終えたら、ハンドルを回して撹拌します。
2,3回転回すとよいようです。

これで使用可能になりました。
実は1回使ってみたのですが、家族には内緒です
これが実用ベースに乗ったら、レンタルトイレは返却できますね。
少しづつ家っぽくなってきました
楽しみです。

|

« 那須山小屋作り(コンポストトイレ導入編) | トップページ | 那須山小屋作り(キッチン編) »

セルフビルド」カテゴリの記事

コンポストトイレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須山小屋作り(コンポストトイレ導入編2):

« 那須山小屋作り(コンポストトイレ導入編) | トップページ | 那須山小屋作り(キッチン編) »