« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月25日 (水)

ライフライン問題-その7(トイレをどうするか)

20150225aこんばんは、サッシーです。

前々回、水道について書きましたが、今回はトイレについて書きたいと思います。
実はトイレの問題は、電気・水道と密接にかかわっているというか、単独ではクリアできない問題だったりします
東京の文明ライフに慣れている身としては、水洗・暖房便座・ウォシュレットというのがもはや常識でもあるわけですが、下水道のない地方では、処理をどうするか悩ましかったりします。
大抵は自治体の規制などで、合併浄化槽を導入することになりますが、実費だと70万円以上かかることになります。
家があるとは言っても住民でないので、公的な補助は受る術もなく、水道代と合せると100万円超の資金が必要です

また、浄化槽は、ポンプ(ブロワ)の24時間連続稼働が必要ですが、これの消費電力がどう少なく見積もっても50Wは消費してしまいます。
そうすると事実上、小規模の太陽光発電システムでは賄えないということになります。

まぁ、理屈はさておき、とりあえず「面白そう」ということで、コンポストトイレを導入することに決定しました
写真は、カナダのサン・マー社のポン付けできるキットですが、日本では「庭仕事ひろば」さんが代理店になっています。
いろいろ質問すると、どうやら注意すれば我が家の山小屋でも使えそうということが分かったので、電気の要らない「エクセルNE」タイプを注文しました。
仕様では、氷点下5度以下だと便槽が凍ってしまうらしいので、このあたりと、換気筒の防風対策などが、工夫のしどころかと思っています
建築確認の完了検査を終えたら、トイレ部屋を作って搬入しようと思います。
これで、外トイレを卒業できますね

長期に使ってみてどうなるのか、またレポートしてみたいと思います。
(あまり公開したくない内容もあるかもしれませんが

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

那須山小屋作り(軒天編1)

20150222aこんばんは、サッシーです。先週は東京での用事があったので、2週間ぶりに那須にやってきました。
今回はエボさんも一緒です。
朝一番の予定があったので、9時に出発して昼過ぎに到着しました
着いてみると、先日気になっていた吹雪の吹き込みが再び発生していたようでした。
壁の真下にあるテーブルが湿っていたり、天井との継ぎ目には水が染みた跡が残っていました
天気が良ければやろうと思っていた軒天を張らないことには、どうにも防げないかもということで。
20150222b 20150222c
左 :軒先の側から、天井に使用したものと同じ羽目板を張っていきます。
ここは見た目に関わらないので、真ん中をコーススレッドで固定します。
右 :途中のログは切り欠いて避けます。
20150222d 20150222e
左 :ログ壁まで張り込んだら、隙間を塞ぎます。
右 :広く開いているところはバックアップ材で、狭いところはコーキングで塞ぎます。
バックアップ材を詰めたところも、コーキングします。
これで吹き込みが防げるとよいのですが。。。
軒天部分は、セトリングで下に下がってくるので、このコーキングも隙間が開いて数年後は剥がれてしまいます。
なので後日、廻り縁でカバーしておくことになります。
20150222f
20150222g20150222h
翌日、Emiは玄関のカバーボードを張っていきましたが、ワタクシは(建築確認申請の)完了検査に向けて、境界杭を雪から掘り出すなど、力仕事です。必死で掘っていたので、写真はありません。
その後はちょっとした作業ということで、床板の廻り縁を少し張ってみました。
分かりずらいですが、廻り縁を張ると全体が締まりますね。。
20150222i 20150222j
先週の間に結構雪が降ったせいか、我が家の周辺はたくさん雪が残っていました。
子供たちもまだ雪には飽きていないようです
この日は帰りにBIGBOXに寄りたかったので、早めに切り上げて帰りました
境界杭も掘り起こしたのも、完了検査を受けるためです。
BIGBOXさんに鍵を渡して、宇都宮餃子を買って家路につきました。
まだデッキが残っているものの、家の構造に関することはもう完了です。

まだまだ頑張りますよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

ライフライン問題-その7(水道をどうするか)

20150218b_2 こんばんは、サッシーです。
那須に行かない時も山小屋のことばかり考えていたりします
今日は「水道をどうしよう?」ということで、一定の結論が出たので、書いてみたいと思います。
以前、町営の水道を引く場合の見積もりをしてもらったことがあるのですが、目の前の県道までは水道が来ているので、引き込みと加入、工事などで合計40万円ほどかかるとのことでした。
利便性を考えると、思う存分使える町営水道を導入するメリットは大きいと思うのですが、使用頻度を考えるとコストと見合わない気もします。なにより導入後にもランニングコストがかかりますので
20150218aそこで、「ワタシの考えた最強システム」ということで、こんな風にしようかと妄想しました。
水タンクの中にインタンク式のポンプを入れて、ホースを水栓(蛇口)につなぎます。
ポンプは12Vで駆動するタイプで、2,000円程度のものです。
ポンプは足踏みスイッチでON/OFFを操作します。スイッチはモーメンタリ型で、踏んでいる間だけ水が出るようにします。これも2,400円程度です。
蛇口は開きっぱなしにしておきます。もちろん、その都度閉じても良いですが。
水栓は4,000円強です。

シンクはオーバーシンク型の市販のステンレスシンクを取り付けます。
これは30,000円程度の予定です。
排水は、とりあえず排水用のタンクに貯めて、敷地内処理にしようかと思います。
そのうち、敷地内に汚水桝を作って、EM菌とかでバイオ処理しようかと思います。

当分は、こんな感じで毎回来るたびに20Lタンクで水を持ってきて使用する感じでしょうか。
土日だけであれば、洗い物をしてもこれで十分なので
長い休みや夏になると水の消費が増えるのですが、その時は20L2本ですかね

とまぁ、こんな感じであまり欲張らずスタートしようと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

那須山小屋作り(床張り編2)

20150208aこんばんは、サッシーです。今週も那須にやってきました。
今回はエボさんの世話を甥っ子に頼めなかったので、思案していたのですが、Emi母さんが子供達&エボさんの世話を見てくれることになり、Emiと二人でやってきたのでした。
Emi母さんありがとうございます
この日はビバホームで買い物をする必要があったので、早朝に出発して、買い物を済ませて10時ごろに到着しました
ごらんの通りのイイ天気で、穏やかな日でした。先週掘った雪の中の通り道が残っていたくらいなので、この1週間は雪が降らなかったのかもしれません
20150208b 20150208c
今週は床の続きをやるところですが、本作業に入る前に、先週打ちのめされた猛吹雪対策を少しだけしました。
左 :缶スプレーになっている発泡ウレタンを面戸板の隙間に注入していきます。
右 :少し経つ膨らんで固まります。
ダラダラ垂れているところも、固まったところでスクレイパーでこそげ落とすのですが、それは次回にします。
これで効果が多少でもあると良いのですが
20150208d20150208e
左 :そのほかは妻壁に接している外側の垂木はの隙間にバックアップ材を詰め込んでいきました。
右 :溝になっているところは大きめのバックアップ材を詰めていきました。
20150208fさて、部屋に戻って本題です
今日は大部屋の床張りをするのですが、仮床の固定をする前に、床下作業をします。
まずは合板とスタイロフォームを外して、と。
20150208g 20150208i

 

左 :どうしようか迷ったのですが、将来的に薪ストーブなんか欲しいなと思ったりしているので、BIGBOXさんに聞いてみると、やはり補強はしたほうがいいということで、鋼製束で補強しました。
本当は大引き入れてとかするらしいですが、ピンコロと鋼製束で代用です。BIGBOXさんに聞いても「それでよいですよ~」ということでした。
右 :あとは、追加したかった電気配線の工事をやっつけて。
20150208j20150208k
床下を終えたら、合板をコーススレッドで固定します。
固定した後は気密テープで目地を塞ぎます。
20150208l20150208m

 

左 :ようやく午後になって床板張りをスタートしました。
この日は比較的暖かだったので、外の作業もやりやすかったのですが、いかんせん足元が雪なので、足が冷たくなってしまいます。
右 :凸凹も手作業でクリアします。
20150208n20150208o

 

左 :ワタクシが床板を切っている頃、Emiさんは一人で床板を張っていきました。
右 :翌日、ワタクシも合流して一気に進めていきました。二人だけというのもあって、お昼御飯も先延ばしにして、何とか大部屋の床を張り終えました。
その後は後片付けをして、皆の待つ家に大急ぎで帰宅です
Emi母さんありがとうございました
~~~~~~~話は変わって~~~~~~~~~
20150208p那須に向かう道中、プジョーさんが3万キロを越えました
この半年というもの、毎週のように片道200㎞の那須の往復をしているので、恐ろしい勢いで距離が伸びています
3年を待たずに3万キロを越えたのは初めてです

まだまだプジョーさんには頑張ってもらいますよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

那須山小屋作り(床張り編1)

20150131a こんばんは、サッシーです
今週も金曜夜に出発してやってきました。
夕ご飯を家で食べて、お風呂に入ってから出発なので、9時ごろになりましたが、なんとか日付が変わる前に到着しました
全編下道でやってきたのですが、塩原あたりから積雪が多くなり、黒磯バイパスでは直進でもハンドルが取られるくらいの状況でした
瀬逢あたりではトラックが路肩に落下していたくらいなので、ヒヤヒヤでした。
20150131c20150131d
左 :翌日は朝から雪に埋もれている床材を掘り出して切り出しです。
体は動かしているから何とかなりますが、足が冷たくてキツかった
右 :端から張っていくのですが、天井の羽目板に比べて分厚いので、サネもきつくなっています。あて木をしてカケヤで思い切り叩き込まないといけません
20150131eその後は、Emiと二人でフロア釘で張っていきました。
天井と同じですが、こんな風にサネの部分に斜めに打ち込んでいきます。
ある程度打った後は、サネを壊さないように最後に釘締めで打ち込みます。
20150131g夕方までで小部屋を張り終えました
これまでは合板のみだったので、ミシミシしていましたが、厚い床板を張ると、随分しっかりした感触が伝わってきます。
なにより、これで全方向がパイン材で仕上がったので、いい気分です

なんて言う具合に、この日は達成感に包まれて作業を終えたのでした。。。

が、しかし
20150131h夕ご飯を食べた後くらいから、風と雪が激しくなってきて、子供が最後のトイレに行く頃には、命がけの様相になってきました
なんせ帰ってきた子供たちが号泣していたくらいなので・・・・
ストーブ全開にしていても温度が下がる一方で部屋には冷たい風と冷たいミストが吹き込んできました
猛吹雪の中、外の面戸板のあたりに気密テープを貼りこんだりしたのですがほとんど効果もなく、「散々な夜だな~」なんて思っていると、外の県道では、降り積もった雪でスタックする車が続出している光景を目の当たりにしました。
目の前なので、スコップ持って助けに行きたいところですが、猛吹雪でこちらの身も危ないので断念です
20150131i20150131j
夜通し吹き荒れる暴風にげんなりしながら、朝を迎えると、ドアが開きません
仕方なく窓から外に出ると、玄関が雪と氷で閉ざされてしまっていました。
なんとかスコップで掻き出して、事なきを得ました
20150131k前日の暴風雪はかなりひどくて、風速が最大26m/秒という数字もさることながら、雨仕舞いしたはずの家の中に湿った風が吹き込んでくるという悲惨なものでした
翌朝、暖房を入れた室内には、屋根と壁の境目から雪が解けだした水が染み出してきてしまっていました。

ログハウスは構造上、セトリング対策のための遊びが多いのと、ログ材の継ぎ目は溝になっていて、隙間は避けられないのですが、こうなると何とかしないといけません。
最後の作業にとっておいた軒天を早めに張ってコーキングとかで塞がないと、天井の断熱が全部ダメになってしまいますね。
20150131mそんなこんなで、那須の自然に打ちのめされてしまって、テンションダダ下がりで、またしても暴風吹き荒れる日曜は子供たちとダラダラUNOをやって過ごしました
もう帰りは高速道路を奢って逃げるように全開で帰りました

うーん。いろいろありますね。
でも後戻りはできないので、ちょっとずつ進めるしかないですね。。。
ちょっとしんどかったですが、まだまだ頑張りますよ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »