« 那須山小屋作り(台風一過編) | トップページ | ライフライン問題-その2 »

2014年10月26日 (日)

那須山小屋作り(建具編)

こんばんは、サッシーです
屋根の作業をひと段落して、今度は建具をやる工程になりました。
今回はpitoshiさんも手伝ってくれることになったので、沢山進みそうです。
いつものように早朝6時に出発して4号バイパス+宇都宮から東北道を進み、9時過ぎごろ那須につきました
20141025aログハウスはセトリング(上下の縮み)があるので、建具が干渉されないようにする必要があります。
窓枠には溝が切ってあるので、溝にはめる3cmほどの角材を装着します。その角材の下側をコーススレッドでまず固定します
建具はこの角材に固定していくことになります。
20141025b 20141025c
左 : まずは、小さい建具からということで、小窓を入れていきます。
この窓、50kg近くあるのですが、さすがEmiさん、軽々です
右 : 位置を合わせたら、ログとの隙間に木片を挟んでからコーススレッドで留めていきます。
20141025d 20141025e
左 :  小窓は側面を上下2箇所、底面を左右の2箇所留めます。底面はログに直接留めていきます。
右 : まずは1つめが取付できました。初めての工程の割にはスムースに進みましたね
こんな時は、何か間違いを起こしていることが多いのですが、大丈夫でしょうか
20141025f昼からpitoshiさんが参戦して、大窓にチャレンジです。
大窓は枠と窓が別になっていて、枠自体も組み立て式です。
まずは、枠を組み立ててから、ログに留めていって、そこに窓本体を左右2面取り付けます
20141025g次に玄関ドアです。これは大きく重いので少々面倒です。
大窓と玄関は、側面を上中下の3か所留めていきます。
ですが、我が家の場合は、玄関ドアの上方のセトリングスペースが想定より大きすぎて、ドア下面を底上げする必要がありました
これは設計の問題なのか、施工の問題なのか、よくわかりません。ほかの窓の上方スペースが大丈夫だったので、施工の問題でないような気もするのですが、正解を知らないので何とも言えません
いかんせんログ建設に関しては初心者なので、どこかがダメだったような気もしますが・・
20141025h20141025i
左 :  建具を取り付けた後は、隙間をふさぐカバーボードを取り付けるのですが、カバーボードを留めてしまうと隠れてしまうログ壁面を先にペイントしまいます。
我が家のログハウスのカラーですが、キシラデコールのブルーグレーを使うことにしました。
右 : そして、カバーボードをホワイトにペイントします。
20141025jペイントしたカバーボードを窓枠に取り付けます。
カバーボードはログ壁面でなく建具の枠にコーススレッドで留めていきます。
そうすると、ログ壁面との間が微妙にあいているのが気になるのですが・・・・
20141025k全部ではないですがいくつかの窓のカバーボードを取り付け終えました。
玄関ドアの鍵も付いて、荷物を置いておけるようになりました。
鍵を持つとなんだか「家」になった実感が少し湧いてきました。なんとか那須おろしのシーズンに間に合いそうです

この日はここまで。
来週から外側と室内を並行してやれるようになりました。
泊まれるようになるのにもう少しです

|

« 那須山小屋作り(台風一過編) | トップページ | ライフライン問題-その2 »

セルフビルド」カテゴリの記事

コメント

ぶっちゃけ、ほぼ完成ですね!
あとはマイペースで仕上げ出来るので、がぜん楽しくなる半面、燃え尽き感も…

投稿: KENKEN | 2014年10月28日 (火) 10時21分

ドアと窓がつくと本当に家らしくなりますね。我ながらビックリしました
ログハウスの場合、内壁をやらなくていいというのも大きいですね。
あとは天井と床ですが、どっちを先にやろうか考え中です・・

投稿: サッシー | 2014年10月28日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須山小屋作り(建具編):

« 那須山小屋作り(台風一過編) | トップページ | ライフライン問題-その2 »