« 那須山小屋作り(建具編) | トップページ | 那須山小屋作り(仮床編1) »

2014年10月28日 (火)

ライフライン問題-その2

先週末の作業で、建物の外側がずいぶん出来上がってきたのですが、内装をやる前に電気の配線をやっておく必要があります。
建てる前から電気をどうするか悩んでいたのですが、そろそろ決断の時期ですね

●何に電気を使うのか
電気の調達手段を決めるにあたって、どれだけ何に使うのかを考えてみたのですが、だいたいこんな感じかと

・小型の冷蔵庫   70W程度   滞在の時だけ24時間  1680Wh 
・浄化槽   60W程度   24時間365日  1440Wh
・LED電灯   全部で50W程度   滞在の時の夜間8時間  400Wh 
・トイレ   50W程度  滞在の時だけ24時間  1200Wh 
・換気扇など   50W程度  滞在の時だけ2時間  100Wh 
・PCなど   30W程度  滞在の時だけ5時間  150Wh 

かなりミニマムな生活ですが、一日の合計で5000Wh程度になります。

●どれだけ発電が必要か
損失とか効率を抜きにして考えると、200Wのソーラーパネル1枚が一日で発電できる電力は、発電できる時間を3,4時間として、600~800Whと言われているので、これだとパネルが7,8枚必要な計算です。
当然、使用しない日はバッテリーに充電するので、平日の5日間で充電⇒週末に利用という図式になる想定なので、これよりは減るのですが、晴れの日の比率を考えると、これはもう絶望的かと。。。

加えて、送電ロスや充電ロス、インバータ時の損失などがあるとなると、うーん。。。。

実は、ソーラーについては、損得を抜きにして「おもしろそう!」「やってみたい」と思っていたので、何とかできないかと模索してきたのですが、どうやら諦めないといけないようです。

なんとか打開策ないかな~

|

« 那須山小屋作り(建具編) | トップページ | 那須山小屋作り(仮床編1) »

セルフビルド」カテゴリの記事

コメント

最近はオフグリッドでソーラー生活する人が出てきてますね。そういう人たちの話を聞くと、案外いけそうな気がしますよ。発電機と併用で何とかなるなら、僕は電力会社とは契約したくありません。

投稿: KENKEN | 2014年10月29日 (水) 08時40分

実はまだ迷っているんです。
合理性で考えたらまったく割が合わないのですが、やってみたい気持ちとの葛藤をこの数か月ずっと続けてるんですね。
こうやって背中を押してくれるのもありがたいですね。
近々、結論を出そうと思います

投稿: サッシー | 2014年10月29日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライフライン問題-その2:

« 那須山小屋作り(建具編) | トップページ | 那須山小屋作り(仮床編1) »