« 那須山小屋作り(ログ壁編) | トップページ | 那須山小屋作り(妻壁編2) »

2014年8月26日 (火)

那須山小屋作り(妻壁編1)

20140825aさて、残るは我が家だけになってしまいました
残りの2日で少しでも進めようと思うのですが、対策が必要ということで、夜寝ながら考えて、結局、単管パイプで足場を組むことにしました。
それに重いものを少人数で上げるために、単管パイプでヤグラを組んで滑車を使ってみようかと

これらのものを買おうと思うと、最寄りで品揃えがいいのはカインズホーム白河店です。
なんだかんだと、午前中は潰れるかな~、それなら白河で昼ご飯かな~、どのみち雨で作業できないし~、と思い立って家族でいざと車に乗り込んだのですが、進まなーい
ギッタンバッコン作戦で前後に反動をつけたり、木材を下に置いたりしたのですが、どうにもならず、まさかのスタックとなりました。
前日からの雨でかなりぬかるんでいたのですが、こうなることは予想しておらず、茫然自失状態です。
となると、ジタバタするのは危険なので、スッパリとJAFを呼ぶことにしました。会員だしと開き直って
20140825b_5コールセンターに電話すると、混み合っていて1時間半程度かかるとのこと。そういえば、ウチは辺鄙なところだった

待つこと1時間半、救世主が登場しました
まさか使うことはないだろうと思っていた牽引パーツですが、リアゲート左の収納ボックスから初登場です。
そしてJAFの車のボンネットからウインチを取り出して、リモコン操作で引っ張ります。さすがウインチ、物凄い力ですね
ものの10分で脱出できました。しっかし、タイヤとホイールハウスはドロドロです。ちなみにJAF会員なので無料ですが、人生2度目のJAFレスキューでした。

その後、しばらくJAFのサービス員の方と世間話をしたのですが、やはり気になるのは建築中のログハウスとテントの事。地元の人らしく、「那須おろしが来る前に屋根かけないと壊れちゃうよ」とのことでした。ヒェー
20140825cようやく出発して、途中給油などして白河に着いたら、もう昼でした。
お昼ご飯を食べて、カインズホームで資材を買い込んで、1t車(2時間無料)を借りて往復して、戻ってくる頃には4時になってしまいました。
トラックに単管パイプ積むって、大変ですね。ロープ遣いは無理と思っていたので、荷締め用のベルトも一緒に買い込んだのですが、それでも道中不安でした。
ロープの使い方を勉強しなきゃですね。

この後、emiと単管を組み始めたのですが、組んでみてわかったことなどあって、一旦中止して、お風呂がてらコメリに行くことにしました。
なので、この日は1段も積んでいません
~~~~~ 最終日 ~~~~~

朝から大雨です
雨の日の作業は危険なのと、ログ材が湿ってうまくいかないので、天候の回復を祈りつつ、キャンプの撤収を先にすることにしましたが、雨中の撤収が思いの外難儀で、結局午前中いっぱいかかってしまいました。
今日の作業は断念して帰路に就くことにしました。
この日は全編下道を使って帰りましたが、途中、宇都宮でBIGBOXに寄ってお借りしていた工具をお返ししました。ありがとうございました。

全行程7日間の作業と、7泊のキャンプ生活でしたが、当初思い描いていた通りはいかないこともあり、ちょっとした挫折感も感じていたりします
それから、pitoshiさん、社長さんには感謝しても足りません

まだまだこれからが本番です。頑張りますよ~

|

« 那須山小屋作り(ログ壁編) | トップページ | 那須山小屋作り(妻壁編2) »

セルフビルド」カテゴリの記事

コメント

わ!!
ちょっと油断したらずいぶん進んでました。
ログは重くて大変そうですね。これからは高所作業も増えるでしょうから、くれぐれも注意してくださいね。

それにしても、遠方から休日のたびに現場通いには頭が下がります。

投稿: KENKEN | 2014年8月28日 (木) 14時51分

コメントありがとうございます!
そうですね。徐々に高くなってきて、「これはいかん」と思って足場を組むことにしました。先日買った安全帯とヘルメットもようやく出番です・・・

投稿: サッシー | 2014年8月29日 (金) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須山小屋作り(妻壁編1):

« 那須山小屋作り(ログ壁編) | トップページ | 那須山小屋作り(妻壁編2) »