« ウッドデッキコンサバトリー化計画 - 27 | トップページ | プジョー308SW・水漏れの巻 »

2013年8月 6日 (火)

夏休みの工作シリーズ~MA-380キットでギターアンプを作る-1

20130806a 家でギターを弾く時、アンプを使わないことが多いです。せいぜい使ってもジャックに直接差すヘッドフォンアンプ程度なのですが、「ちょっとでも音を出したいなぁ」といつも思っていたりします。
そこで、ちょっと一部世間で流行っているスモーキーアンプなるものを作ってみようということで、久々にアキバの秋月電子千石通商を会社帰りにハシゴしてパーツを集めてきました。
いや~、かれこれ15年振りくらいに行きましたが、結構変わっていて、千石通商はギターパーツなんかも扱っていて、今後ちょっと懇意にしたい感じに変貌していましたね
で、集めたパーツですが、左上から時計回りに、小型スピーカー100円、2.4Wパワーアンプキット700円、アルミケース480円、6.5mmモノラルプラグ100円、9V電池100円、電池スナップ60円と、合計でも2,000円以内でした。
20130806b 20130806c
左 : 懸案のパワーアンプですが、構成はこんな感じです。
最近ではLM-386などが有名らしいですが、これはMA-380を使用したワンダーキットの製品です。
必要な部品がすべてセットになっていて、基盤と説明書が付いているので、後はハンダがあれば組み立てられる構成です。
右 : 早速作っていきます。もうハンダなんて随分久しぶりなので、ヘタクソです
ブリッジしないようにだけ気を付けて、何とか組み上げました
20130806dとりあえず、電池とスピーカーとプラグを接続して、ギターに繋いでみました。
お~、ちゃんと音がするじゃないですか
しかもちょっとイイ感じに歪んでいて、加工なしでも良さそうです
後はケースに組んで、スイッチとLEDのパイロットランプを付けようというところです。
次回は完成編ということで

|

« ウッドデッキコンサバトリー化計画 - 27 | トップページ | プジョー308SW・水漏れの巻 »

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの工作シリーズ~MA-380キットでギターアンプを作る-1:

« ウッドデッキコンサバトリー化計画 - 27 | トップページ | プジョー308SW・水漏れの巻 »