« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

ニューアイテム~コールマン・イージーリラックスチェア

20130731a ひさしぶりにキャンプ用品を買いました。
我が家のキャンプチェアーは、子供用はコールマンのスリムチェアーを、大人用は普通のコールマン・リゾートチェアを使っていたのですが、大人用のリゾートチェアが壊れてきたので、買い換えです。
どうせなら、チョットいいものが欲しいということで、奮発しました。
20130731b20130731c
左 : 骨組みはアルミなのですが、結構シッカリしています。背もたれは結構寝ているので、食事の時は背中浮かせなくちゃですね
右 : 意外なことに、収納時のサイズが大きめです。我が家は集束タイプが好みなのですが、集束タイプで軽いというのは合格ですが、長さが・・・我が家のプジョー308SWのラゲッジルームだと、横幅ギリギリでしたなんとか積めそうです
うーむ、次のキャンプがまたしても楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

庭仕事2013 - ユッカ分株の巻-2

20130730a 先日、分株したユッカですが、このところチョット恐ろしいことになっています
まず、枝分かれしていた2本の方ですが、ご覧の通りの回復ぶりです。一時期、葉っぱがシナシナになってしまっていましたが、新しい葉も増え、成長し始めました
20130730b 驚きだったのは、こちらの方です。
幹から新たに3本、ナント地面から1本、新芽が生えてきました
せいぜい2つくらいだろうと思っていたので、驚きです。
このままだと、また分株する時に増えてしまうのが気がかりです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

海の日ですが山へと2013 ~ 三城いこいの広場オートキャンプ場-2

20130713j このキャンプ場には、結構立派なアスレチックがあります。しかもきちんと除草やメンテナンスがされているので、快適に使えます。
これは結構ポイント高いですね
右下のスライダーですが、高さ・長さともスゴイと滑る前は思ったものの、いざ滑ってみると滑りにくくて拍子抜けでした
20130715aキャンプ場は美ヶ原のすぐ下にあるのですが、王ヶ頭が肉眼ではっきり見えるくらいにあります。
この写真では少しズームしていますが。。。
すぐそばの登山道からは3時間と書かれていますので、子供がもう少し大きくなったら、トレッキング用の靴でも買って歩きたいですね
20130713k 20130713l
左 : 今晩はパエリアです。最近ワケあってバーベキューを控えているので、このメニューは頻発しています
右 : これが話題のキャンプ場オリジナルの薪です。もう端材と言うほかないような木ですね。一本一本が細いこともあって、あっという間に燃え尽きます
      ~~~~~~ 3日目 ~~~~~
20130715b 撤収の日の明け方、あろうことか雨が降りました
片づける頃にはテントも乾いてほしかったですが、少し濡れたままになってしまいました
今日は連休最終日でもあり、中央道が渋滞するので、昼には高速に乗るつもりで、チェックアウト後はビーナスラインを通って、近場の霧ヶ峰までやってきました
20130715c_2 20130715d
左 : 霧ヶ峰では、グライダーがひっきりなしに飛行していました。間近で見ると結構な迫力です。
右 : グライダーって、車で引っ張るものだと思っていましたが、ここではウィンチというか、カタパルトというか、かなり遠くから瞬間的な強い力で引っ張っているようでした。離陸まで一瞬で飛んでしまうのは意外でしたが、あまりにも気持ちよさそうで、ちょっと憧れてしまいますね
20130715e 遊歩道を散策した後は、美ヶ原にもあったような鐘をついて、早めの昼食としました
この後、諏訪ICから1時半に高速道路に乗ったのですが、予想より早く渋滞が始まっていて、家に帰ったのは7時になってしまいました
さすがに疲れましたが、また来月も行きますよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

海の日ですが山へと2013 ~ 三城いこいの広場オートキャンプ場-1

20130713a_2 海の日の連休になりました。海へは先週行ってきたところなので、今週は予定通り長野にキャンプに行ってきました
この日は朝の8時過ぎに家を出て、東北道から北関東道、上信越道を経由して、佐久南ICに昼ごろ到着しました。
行った先は場所は美ヶ原の麓にある、三城いこいの広場オートキャンプ場です。
20130713b_2 今回のサイトは22番サイトだったのですが、このキャンプ場の特色は、この写真のように車を止める場所からサイトまでに段差があることです。
段差の高さはサイトにより違いますが、ウチのサイトの場合は1.5mくらいだったでしょうか。杭で階段状に造作されていましたが、あいにくほとんどの木が腐食していて、あまり役に立っていませんでした。
ちょっとキャンプレポートっぽく書いてみますと。
●オートキャンプサイトは1泊4200円
各サイトは白樺などの木で囲まれていて、他のサイトとの高低差もあるので、周りがあまり気になりません。
というより、連休でありながら数組しか見かけなかったくらいなので、空いているので気にならないという様子でしょうか。

サイトの大きさはまちまちですが、我が家のテント+スクリーンタープで長さはいっぱいです。ただ、駐車スペースは別なので、スペースは有効に使えます。
●各サイトにはスノコが置いてあって、使いたい人は使えるのですが、これが思いの外役に立ちました。サイトの地面は砂利なのですが、そのままだとゴツゴツしてしまうのを緩和してくれます。
●ほぼすべてのサイトに焚火台があります。一部壊れているサイトもありましたが。。

炊事場はポイント毎にあります。数に不足はないと思いますが、水しか出ません。超冷たいです。
夏しか来ないと思うので、我が家的には充分ですが。

ゴミは缶、ビン、それ以外(可燃)という3つの分別で捨てられます。可燃ごみは受付時に袋をもらえます。これはうれしいですね。
トイレは洋式・和式の水洗です。ウォシュレットはありません。よく掃除されているので快適です。
管理棟で薪と炭を売っていますが、薪(500円)は建築端材のようなものです。火持ちは悪いです。
●アスレチックがあって、しかもよく整備されています。
●買い物は、片道30分以上かけて立科町にあるツルヤに行かなくてはいけません。初日に買い物を済ませてから到着したほうがよいですね。

※ 後で調べてみると、松本市内のアップルランドの方が近いですね
色々書いてますが、我が家的には、充分いいキャンプ場という感想です。
20130713c_2お風呂は、受付で最寄りのお風呂について尋ねたところ、扉温泉の桧の湯ということでしたので、夕食の仕込みを終えて、そちらに向かいました。キャンプ場からは車で25分くらいです
料金は大人300円、子供200円ですが、三女は無料でしたので、一家で合計1000円になりました。
硫黄のにおいがするような本格的な温泉で、内湯と露天風呂があるのですが、連休だったせいか少し混んでいました。
この桧の湯は、夕方7時で閉まってしまうので、遅い時間は松本市か長和町の和田宿温泉まで行かなくてはいけません。細い山道を40分くらいですので、桧の湯で済ませるのが吉かと
20130713d_2 20130713e_2
お風呂を済ませて帰ってくる道中、思いがけず鹿が道を横切るのを2回も目撃しました。なかなか見られない動物でもあるので、Shieが感激していました。
左 : 今晩は前回のキャンプでも作った、ポークトマトシチューです。
右 : 夕食の後は、焚火久々にマシュマロを焼いて食しました
      ~~~~~~ 2日目 ~~~~~
20130713f_2 20130713g_2
2日目は恒例の美ヶ原ウォーキングです。
左 : 朝10時過ぎに到着しましたが、山本小屋の駐車場はほぼ満車でした。舗装されたメインの駐車場には停められず、崖下の砂利駐車場にかろうじて停められるような状況でした。
帰りは駐車場の入り口で渋滞していたようですので、停められて一安心です。
右 : 王ヶ頭まで2.2kmを歩いた後は、持ってきたサンドイッチで昼食です。前日にツルヤで買ったバゲットとロールパンに、チーズ+ハム+マリネした野菜を別に持って行ってその場でサンドして頂きました。
少々風は強かったですが、とても気持ちよく食事できました
20130713h_2 20130713i_2  
左 : さすがに1歳半のMichiさんは歩けないので、往きはEmiが、帰りはワタクシが背負って歩きました。この日は、日差しはありましたが、風が強かったので、長袖がちょうどよかったですね。
右 : 山本小屋まで戻ったところで、いつものソフトクリームです。往復5kmをみんなよく歩きましたShieもKimioも2度目ですが、天気の良い美ヶ原であれば、道も平坦なのでこの2人でも難なく歩けます。
この日は、この後ちょっと用があって再びツルヤに向かい、買い物を済ませてキャンプ場に戻りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

梅雨明け、そして海へと

20130707a例年より早く、関東地方が梅雨明けしましたね
すでに先週から暑い日が続いています。考えてみれば、我が家は山にばかり行っているので、子供たちを海水浴に連れていったことがありませんでした
来週はキャンプだし、その後は発表会など、夏の週末は子供は大忙しで、「今週しかないというチャンスだったので、5時に起きの6時出発で九十九里の大網白里に向かいました
さすがに千葉といえども、まだ今週は海開きをしている海水浴場は少なく、この白里中央海水浴場を含め、数えるくらいでした。
なにぶん初の海水浴なので、波の穏やかな内房にしようと思っていたのですが、内房は本日時点ではどこも開いていないようです

それでも、ワタクシにとっても久々の海ですが、イイですね。九十九里の大波には、最初こそ子供達もビビっていましたが、すぐに楽しんでいました
今日はまだ海の開いていない7時過ぎに到着して、充分楽しんだ後、11時には早々に退散し、空いている高速を小一時間で走り抜け、東京でお昼ご飯を食べることができました

短時間でしたがさすがにクタクタになりました(&日焼け!)。
でもたまには海もイイですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

完成しました ~ レカロシートに脚をつける-2

20130706a20130706b
先週やりかけだった、レカロシート(改)チェアの続きをやります。
左 : やっつけですが、とりあえず手書きで図面を書きました。
右 : 合板を切り出しました。椅子を支える部分は、合板で箱型に工作します
20130706c組みあがりました。
さすがに体重+αの荷重がかかるので、念入りにということで、側板を組む部分は、角材で補強しました。
木工ボンドとコーススレッドでガチガチに固定します。
20130706d20130706e
左 : レカロシートは30mmのアングル(2mm厚)で固定します。
まず、側板に固定するためドリルで下穴を開けます。
右 : 木工ボンドは効かないので、ケミカル系のボンドを使用します。
20130706fアングルが固定できました。
なんとなく形になってくると欲が出ますね。こうなったら今日中に作ってしまおうと思って急いでしまうことが、これまでの失敗につながっているわけですが、お構いなしです
20130706gシートを固定する前に、キャスターを固定します。
何年か前にテレビ台を作ろうと買っておいたキャスターです、耐荷重が大きいので、ヒトが乗っても大丈夫です
20130706h20130706i
左 : アングルにシート固定用の穴をあけました。ちゃんと採寸しています。。。
右 : シートをHEXのボルトで固定します。6つあったはずなのですが、5個しかありません。。何故でしょう。。
20130706k20130706j
できました
ちゃんとリクライニングもできるので、いい感じだと思います。
前下がりな感じもうまくできたので、ももの裏に圧迫感がなく座れますね。
本当は黒で塗りたかったのですが、もう組んでしまったので、しばらくこれでいこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

人生の友(8代目)

20130704aこんばんは、サッシーです。
なんと、15年振りくらいに新しいギターを買いました
といっても、ギブソンやらフェンダーやらに比べたら見劣りしてしまうようなものですが。。VOX SDC-55というモデルのトランス・アンバーカラー、フレームメイプルトップのものです。
VOXというと、クイーンブライアンメイが使っているギターアンプが有名ですが、ギターとしては全く無名、というより最近作り始めたようなのです。
ですので、二束三文で投げ売りみたいに売ってます。よっぽど売れないでしょうか。。

ずっと前から気になっていたのですが、夏の洋服をガマンして買ってしまいました
20130704b20130704c
ボディーはYAMAHAのSGみたいなフォルムです。いわゆる”ダブルカッタウェイ”ですね。フレームメイプルトップとなっていたのですが、安価なギターなので、実物はどうかと心配でしたが、意外と杢目がキレイに出ています。フィニッシュは値段相応ですが。。
20130704dボディのコンターというか抑揚もキレイに出ているのですが、横から見るとトップとボディの継ぎ目がクッキリ見えているのは、少し興ざめな感じがします

とはいえ、弾いた感じはレスポールより軽いし、ボディもしっくりくる感じです。
試奏しないで買ったのですが、ネックの握りも奇抜でないので、馴染みやすいですね。薄めのレスポールという感じです。

これから当分の間、相棒として活躍してもらう予定です。
20130704e~ 番外編 ~
ギターが送られてきた巨大な箱に興味津々のヒトたちです。最初に長女Shieが「ドラキュラ」とか言っていたのですが、さすがにShieには小さくて入れませんでした
2号3号はピッタリです
アホな姉妹だ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »