« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月24日 (土)

庭仕事 - 散水栓の修理

昨日から、散水栓の調子がよくありません
洗車しようとコックをひねっても、ビクともしません。しかたなくプライヤーを持ち出してきて力任せに回そうとしても、これまた回りません。
その時は断念してバケツに水を汲んでクルマを洗ったのですが、後で見てみると、ちょっと水が出ている状態で固着しているようで、精神衛生上もよくありません。
20110924a さて、まず元栓を止めてから・・・
水道栓を解体していきます。
コックの上のネジをプライヤーなどで外します。
すると、コックが外れます。
20110924b 上部ナットをプライヤーで回して外します。
ある程度プライヤーで回せば、あとは手で回ります。
その後、スピンドル(軸部分)をプライヤーで回して外します。上部パッキンも一緒に外れます。
20110924c こんな感じで外れるのですが、コマが底に留まっているので、ヤットコのようなもので引っ張って外します。
これで、水道栓の中は何もなくなります。
20110924d 今回買い揃えたパーツです。
事前に外した状態で持って行き、同じものをビバホームで買ってきました。
左から、コマ、上部パッキン、スピンドルです。
スピンドルは替える必要ないかもしれませんが。。
20110924e さて、組み立ては、逆の順番でやっていきます。
スピンドルに、パッキンとコマを組み立てて、水栓に差し込み、ねじ込んでいきます。
そして上部ナットを締め込んで、ハンドルとネジを締めればOKです。
ためしに開けたり閉めたりして、具合を確かめます。
20110924f 組み立てたら、元栓を戻して完了です。
これで洗車ができますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

去年買っておけばよかった・・・

20110923a書くことがないので、またまた音楽ネタでも。
このところのサッシー家ドライブのヘビーローテーションの一枚です。ドライブ以外でもこの数週間というものサルみたいにずっと聴き続けています。
アーケイド・ファイアの去年のアルバム「The Suburbs」なのですが、ずっとAmazonのウィッシュリストに入ったままになっていて、今年のグラミー最優秀アルバムを獲ったのは知っていたのですが、放置しっぱなしでした。
最近になって、レッチリの最新版が出たので買うのをきっかけにポチっとしました。

一見、単調に感じるような淡々としたような曲が多いですが、耳から頭の奥に突っ込まれるようなメロディーラインや曲の構成、不協和音スレスレっていうくらいに特徴的な重厚なアレンジ、演奏テクニックすべて恐ろしいほどの完成度です。
あんまり何度もかけるので、Shieさん5曲目の「Empty Room」を知らぬ間に口ずさんでいます。教育的にヨイかどうかはよくわかりませんが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

秋が来る前に ~ 菅平高原ファミリーオートキャンプ場-2

20110918a2日目、晴れ渡る空です。前の晩は星も出ていなかったので、やはり曇りかと思っていたのですが、予想に反して、全くの好天となりました
高原の朝はやはり気持ちがいいですね。
9月の長野の高原というと、2年前の立原高原ではとても寒かった覚えがあるのですが、今回は夜でもスウェット上下と寝袋でちょうどいい感じでした。
20110918b 朝食後、薪拾いをする姉妹です。
落ちている枝を拾ってきたわけなので、太いものはないのですが、焚き付けにするような薪は結構な量確保できました。グッジョブですね。
20110918c 7番サイトは8番サイトが隣接していて、空いていれば結構広々です。こんな感じでフリスビーなんかもできてしまいます。
ここのオートサイトは大体このようなレイアウトのようで、夏休み以外はあまり混雑はしないということですので、広々使えるときはいいですね。
20110918d 2日目は善光寺参りと決めていたのですが、お寺参りだけだとお子様は退屈です。
ということで、周辺観光もリサーチしていて、善光寺そばの城山公園/城山動物園あたりに午後は行こうと考えていました。
まずは、城山公園そばの無料駐車場に車を止めて、善光寺に向かうわけですが、城山公園を通らないといけないわけで、否が応にも遊具が目に入り・・・・・しばらく足止めです。
20110918e 城山公園には、今年の関東地方ではあまり見られない噴水が勢いよく噴出していました。
長野って、東電じゃないですものね
20110918f さて、善光寺です。
本当は地下の回廊を巡って錠に触る、「戒壇巡り」をしてこそ善光寺参りという話もありますが、子連れということもあり、今回は見送りました。普通にお参りです。
それでもこの荘厳な造りを目の当たりにすると、厳かな気持ちになりますね。
20110918g お参りした後は、参道を門の外の駅方面まで散策しました。
長野市内のこの参道のあたりは、趣のある店も多く、歩いていて飽きません。でもこの日は暑すぎ!
お昼ごはんを食べて、門前の甘味処でクリームあんみつなどをいただきました
20110918h 再び善光寺に戻ってきて、お線香を上げた後、お寺を後にしました。正門から入らずに出てきたわけで、妙な感じです。
20110918i 午後は城山公園~城山動物園です。この動物園、入場は無料です。しかし内容はどうでしょうか
20110918jこの動物園にはアシカをはじめ、ニホンザルやその他いろいろいました。
しっかし、右下のサルは檻の外の何かを掴もうとしていたようなのですが、掴んだところで網に手が通らないということには気づいていません。
20110918kこの動物園は、入場は無料なのですが、メリーゴーラウンドやらいろんな遊具・乗り物があって、しっかりお金を徴収するシステムです。
我が家は電動自転車100円に乗りました。
20110918l夕方前にキャンプ場に戻り、前日同様に家族風呂に入り、夕食の準備をしました。その時に朝に子供たちが拾ってきた薪で焚き火です。我が家としては焚き火デビューなのですが、余ってもナンなので、ちゃんとした薪は買わずに、拾った枝で試し焚きということにしました。
20110918m2日目の晩ごはんはトマトシチュータニタ風です。何がタニタ風って、オクラを入れてみたっていうだけなのですが。。
それというのも、キャンプのごはんって野菜が不足がちなので、これでもかとEmiさん野菜を大奮発です。
20110918n長野県といえば、赤倉の森と同様YONAYONAエールです。沢山買って帰って来ればよかったといつも思うのですが、長野に来て飲むというのがいいかもしれません。
20110918o11年目の夫の酔っ払いに付き合う素面のEmiさんです。
TSURUYA上田店でピノノワールを買いました。涼しくなって、常温の飲み物もよい感じです。
20110918p3日目、あろうことか快晴です。
前の晩に星が沢山出ていたので、ひょっとしてと思っていたのですが、うれしい誤算です。
そういえば、本当は先日買ったウィングタープを持ってきたかったのですが、「どうせ雨だし」と尻込みして置いて来てしまいました。こんな天気が続くのなら、もって来ればよかったと後悔しきりです。
20110918qTSURUYAで見かけた珍しいモノ・・ということで、扇型ソーセージを買ってみました。
調べてみると、中部関西ではメジャーなものなんですね。関東では見たことはありませんでした。
味は、変わった味です。香辛料の効き具合が未知の感覚です。リピートするかというと、うーん。
20110918r3日目は菅平牧場にやってきました。
ここは入山料(駐車料)として500円かかります。
根子岳をバックにパチリ、としました。
それにしても、菅平から見る山々は壮大です。「日本の国土の90%は人の住めない急峻な山地だ」と海外の図書に紹介されていると聞いたことがありますが、夫婦共々長く関東平野に住んでいるので、なかなか気が付かないようなそんなことも、ここで山々を見るにつけ思い知らされる気がします。

この日はこのまま上田市内まで降りて昼食と思ったのですが、あいにく上田市街はお祭りで通行規制をしていました。
しかたなく上田菅平IC近くまで向かった周辺のロードサイドのお店で昼食としました。
帰りは来た道を逆に帰ったわけですが、時間が早かったこともあり、富岡近辺と東北道の館林近辺で少し混雑したくらいで、止まってしまうほどの渋滞はなく、無事夕方18時前には帰ってこれました。

天気もよく、充実したキャンプでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

秋が来る前に ~ 菅平高原ファミリーオートキャンプ場-1

20110917a 今年の我が家のキャンプライフもそろそろカウントダウンです。そろそろEmiさんの臨月が近づいてますので・・・
というわけで、家族揃ってでは今年最後になりそうなキャンプに行ってきました。
選んだ場所は、最近の我が家のお気に入りの上田に近い菅平高原です。
この日は、これまた最近得意のコースの東北道~北関東道~上信越道を通って上田菅平に昼ごろついた後、腹ごしらえです。お蕎麦屋さんの太平庵に来ました。
ここは豚こく蕎麦という変わったお蕎麦のあるお店です。美味しくいただきました。
20110917b 今回のキャンプ地は菅平高原ファミリーオートキャンプ場です。
昼ごはんを食べた後、天気が心配だったので、早めにチェックインすることにしました。なにしろ、予報では曇り-曇り-雨だったので。
キャンプ場の主人に「どこでも好きなところを」を言われたのですが、既にポツポツと設営されていたので、離れたところをということで、選んだサイトは7番でした。
一番手前の列の一番奥です。。。。と思って設営してから、その奥に「8」という札が立っていることに気がつきました
ひょっとして、8番を狙ってくる人がいたら・・・と、心配しましたが、杞憂でした
20110917c 設営後、案の定というか雨が降り出しました。天気雨みたいな感じで長時間は降らなかったですが
ここのオートサイトはこんな感じに長めの芝生(?)に覆われていて、クッションが効いています。
ただ、雨などで濡れると足元がビショビショになりますが。
我が家にとっては、前回の赤城山に続いて雨キャンプかとの思いが一瞬よぎりました・・
このキャンプ場には男・女のお風呂のほかに、小さいながらも家族風呂があるのですが、事前に予約が必要とのことでした。はじめにチェックインする時に、空いている時間帯を聞いたところ、5-6時が空いているとのことだったので、予約しておきました。
ちいさい子供連れとしてはとても便利です。時間も有効に使えるので。ねだんは大人2名+子供1名(3歳以下無料)で1400円でした。
20110917d日の晩ごはんはBBQです。この3連休で確実に雨が降らなそうなのは初日だけだったので、既に出発前に決めていて、実は仕込み済みなのでした。
そして、このあいだ買ったチャコスタとBBQグリルを早速使いました。
チャコスタは、想像していたより大きすぎたようです。我が家のBBQ規模では、Miniでよかったかもしれません。スキマが空きすぎてしまって、煙突効果が発揮できないような感じでしたね~
まぁ、来年は家族も増える予定ですし、子供たちも戦力になる年齢が近づいてますので、投資ということで。。
20110917e BBQグリルもチョイ大きめです。我が家の10.5インチダッチオーブンも乗せられるサイズということで、この大きさだったのですが、BBQだけを考えると、もう一回り小さいくらいがフィットしてそうです。
焼いているのは、例によってトウモロコシとシイタケ、家で仕込みしておいたスペアリブ、子供のウィンナーなどです。
スペアリブは絶品ですねEmiさん
そんなこんなで、初日は天気も大きく崩れず終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

ニューアイテム2 ~ キャプテンスタッグ・ヘキサ・ステンレス・ファイアグリルM-6500

20110912a 今度のキャンプからデビュー予定のアイテムがもうひとつあります。
今年はキャンプグッズは買い足したりするつもりはなかったのですが、前回のキャンプでBBQグリルのロストルを紛失してしまい、やむなくリニューアルしました。
同じものが今では大人気で高くなってしまっていたので、今回は新潟・三条でおなじみキャプテンスタッグのファイアグリル「ヘキサ・ステンレス・ファイアグリル」にしました。BBQはもちろん、焚き火もできるし、ダッチオーブンも乗せられます
20110912b 前回のと同じですが折りたたみ式で、組み立てるとこのくらいのサイズになります。組み立ては1分くらいですか。
20110912c 折りたたむと、付属のバッグに格納できます。
愛犬エヴォと比べるとサイズがわかりますね。
次回使うのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

ニューアイテムの練習 ~ モンベル・ビッグタープ

20110911a 昨日今日と、9月というのに真夏の再来のような晴天が続いています。今日は久々に夕立があって、涼しくなったのでいそいそと出てきました。
我が家のキャンプでは、元々那須の暴風雨に耐えるために、2年前にコールマンのドームテント・スクリーンタープ連結システムを買って、それ以来ずっとそれを使用しているのですが、いろんなキャンプ場、それこそ快適なキャンプ場に行くことが増え、他のキャンパーの方を見るにつれ、開放感のあるタープもよいなぁ、と思うことも増えました。
そんな中、ヤフオクにモンベルのビッグタープ(ウィングタープ)が出ていたので、ポチっとしたら、誰とも競ることなく落札してしまったのでした。
来週の連休にはキャンプの予定があるので、ちょっと予行演習とばかり、向かいの空き地で張ってみました。。
20110911b Kimioさん、さすがに0歳からキャンプに行ってるだけあって、キャンプ暦3年のベテランです。
「じゃぁ、こっち押さえてるから」とばかりに、お手伝いのようです。しかし、この空き地、先週まで建築用の重機が置いてある駐車場だったので、小石で締まっていて、ペグがまったく効きません
おかげで、何本か先っちょを曲げてしまいました
20110911c 張ってみるとこんな感じです。
上のラインは心持ちRが付いているみたいですが、今日は完全にペグ位置の誤りですね。もちょっと外側に打たないとテンションが掛からないかと。
ただ、ヘキサもそうかもしれませんが、この手のタープって、ペグまでの面積がかなり必要ですね。あと、ウィングタープって日陰になる面積は、ちょっと狭めでしょうか。
たぶん、来週は今までのテント・タープセットとコレを一緒に持っていくことになると思います。
楽しみ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

レストランアラスカ・2011初秋編(錫婚式)

20110910a グルメブログでもないのですが、レストランな内容が続いていますが、今回は特別です。
10年前の9月16日にここ「レストランアラスカ」で結婚式を挙げて以来、おかげさまで10年が経ちました。
それ以来、ほぼ毎年9月になると、アラスカに来ています。9月生まれのShieが生まれた年は、さすがに来れませんでしたが。
今日はちょっと早いですが、10年目のお祝いにやってきました。子供のメニューをお願いしておく必要があるので、予約をしておいたのですが、特に「結婚記念日です」とは伝えていなかったものの、そこはアラスカ、抜かりはありません
予約しておいた13時過ぎに訪れると、遠くから気づいたスタッフの方がドアを開けざまに、コチラが名乗る前から「XX様、本日はようこそいらっしゃいました。」と、案内してくれます。この呼吸、スバラシイ と思いながら案内していただいた席に向かうと、いつものマネージャーの方から「本日は10周年おめでとうございます」と、これまた嬉しい声が。
席には記念の日付を記したプレートが飾られ、祝っていただきました。
20110910b 今日は10年目なので、奮発してランチフルコースのグランセゾンを注文しました。左上から、
頭ワイ蟹のカクテルと帆立のマリネ
冷製 完熟トマトと野菜のスープ スペイン風
長崎県産 太刀魚と茄子のポワレをミルフィーユに仕立てて生海苔と鶏冠海苔のソース・ヴァン・ブラン
特撰黒毛和牛フィレ肉のグリエ粒マスタードとフォン・ドゥ・ヴォーのソース温かい有機野菜を添えて」です。
どれも美味しいのはいつもの通りですが、すべてアラスカならではの趣向が凝らされていて、心躍るものがあります。
本当はワインなんぞをいただきたかったのですが、昼間から泥酔してしまうのもなんですので、ビールにしました。
といっても、このアラスカ、アサヒビールのお膝元でもあるので、ビールの美味しさは格別です
20110910c アラスカには、子供用のメニューはないので、事前に何ができるか聞いておく必要がありますが、大抵、オムライスかハヤシライスをいただくことが多いです。この日も、この2つをいただきました。これにアイスがつきます。
しっかし、このオムライスとハヤシライス、子供用の範疇を超えた驚愕の美味しさです。
20110910d デザートは「栃木県産 巨峰のジュレと山梨県産 李のグラニテ」には「Noces d' Etain(錫婚式 10年)」の文字が。
そして、Emi用のデザートの脇には、「3人目のお子様に」との嬉しいオプションを添えていただきました。
いつもながら、素晴らしい演出です。
すっかり堪能して、帰る時にはシェフはじめスタッフ総出でお祝いとお礼の声をかけていただきました。
改めてここで式を挙げてよかったと思いました。
なかなか頻繁には来れませんが、ここに来るととてもランチ以上に充実した気持ちになりますね。次は3人目が動けるようになる来年秋かな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »