« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月22日 (火)

長野キャンプ ~ 立原高原キャンプ場

20090922a1 予告どおり、連休に長野にキャンプに行ってきました。立原高原オートキャンプ場です。本当は20日(日曜)から2泊3日の予定でしたが、高速道路が20日の朝は渋滞するのは分かっていたので、20日の未明に出発するか、19日の日中に出発して一泊多く泊まるか、どうしようかと直前まで悩んでいました。
19日にするはずの他の予定が23日に変更になったので、キャンプ場に電話したところ、19日は泊まる予定のサイトが空いているとのこと、「それじゃ~」ってことで、19日の昼(12時)から出発しました。
20090922a2 出てきたのが昼過ぎということもあって、中央高速は渋滞知らずでした。途中の川上村のナナーズ川上店で買い物を済ませ、5時前にはチェックインできました。
泊まったところはオートキャンプ4番サイトで、上の写真が正面。左の写真が横から見たところです。
このキャンプ場もスキップフロアになっていて、隣が余り気になりません。特にこのキャンプ場は全体的にゆったりとレイアウトされていて、自然の地形を生かしたいい感じです。
20090922a3 急ぎで設営を済ませるともう6時近くなってしまったので、クルマで3,4分の近くにある滝見の湯に直行しました。ココの温泉もそうですが、前回のキャンプ場の赤倉の森近くも公営の温泉が多くあり、那須も見習って欲しいと思ったりします。
お風呂から帰ってバーベキューの用意をしておなかも一杯になった頃には9時近くなっていました。
子供たちが寝た後、ゆっくり飲みなおしました。コールマンのプラスティックグラスを随分前から使っているのですが、ビールにもワインにも合います。今回持ってきたのはブルゴーニュ・ピノ・ノワール。安いですが結構イケます。疲れていたこともあってバタンキューとなりました。
20090922b0 翌朝です。ココのキャンプ場は標高1400mあり、山深い上に木立も深いので、かなり寒いです。この日も太陽が山の稜線から顔を出す8時くらいになって、やっと気温が上がってきました。
それにしても、木漏れ日というか、自然は素晴らしいところですね。
また、ココは小規模なフィールドアスレチックもあって、上の娘は気に入って毎朝通っていました。
20090922b2 2日目は松原湖の「カフェ花豆」で昼食を食べた後、清里まで足を伸ばしました。
この「カフェ花豆」はぜんぜん期待せずにぶらっと昼ゴハンを食べに入ったのが予想以上の美味しさでした。
なかなか観光地で地のものを普通に食べることは難しいのですが、、ラッキーでした。
清里では定番のアイスクリームを食べた後、羽衣の池まで例によって下の娘を背負ってひたすら上りました。しっかし、清泉寮のアイスクリームってこんな味(超甘い)だったっけ??
今日の晩ご飯はナナーズ川上店で食材を買い込んでパエリアを作りました。
20090922c2 3日目、近場の南相木ダムです。このダムは費用の安い夜間電力で水を汲み上げ、排出時に発電する揚水発電用のダムで、東京電力が運営しています。
ダム自体はナイル川のアスワンハイダムなんかと同じ、ロックフィル式という形なのですが、積み上げている石はこのダム現場で切り出した石を使っているようです。
下側から見上げた写真では、その壮大さが分かると思います。
20090922c3 ダムの下は「ウズマク広場」という広場があって、一見小さく見えるこの渦巻きも、幅が50mくらいあって、人が上ったりできますし、実際登ると息が切れます
昼ごはんはダムの上の広場で食べました。ここはなんだかんだと上側・下側を車で移動しながら見られるので、4時間くらい楽しめました。
この日の夜ゴハンは、海鮮バーベキュー(なぜかウィンナー入り)でした。
20090922d1 さて最終日です。10時半にチェックアウトを済ませ、佐久あたりで昼ごはんを食べようと思っていたのですが、佐久って「なんだか何もない」感じがしてスルーしてしまいました。
あまり悩む時間もないので、小諸まで足を伸ばしました。駅前の駐車場に車を止めると、目の前にインフォメーションが。
松本といい、上田といい、観光客向けのもてなしは素晴らしいですね。
ただ、ここのインフォメーションで「丁子庵にはうどんもありますよ」と教えていただいたのですが、丁子庵のメニューにはうどんはありませんでした。残念。
20090922d2 小諸駅周辺ですが、うらぶれた昭和の雰囲気です。でもまだ営業しているみたいです。いい味出していますね。
20090922d4 やっぱり小諸といったら(というより信州全般)、蕎麦屋です。
その中でも一二を争うくらい有名らしいのが、ここ丁子庵です。うどんはなかったものの、幸い、丼物があったのでEmiは天丼を、私と上の娘はソバをいただきました。
さすがに美味しかったです。
我が家はEmiが蕎麦アレルギーなので、蕎麦屋のメニューには気を使うのですが、今回は何とかセーフでした。
インフォメーションは鵜呑みにすると危険ですね。
20090922d5 午後は小諸市内の旧北国街道の旧市街を散策しました。
旧北国街道は上田でも有名ですが、隣町ということで繋がっているようです。
ただ、ルヴァンみたいな美味しいパンのお店はなかったものの、「自家焙煎珈琲・こもろ」を発見したので、入りました
こもろブレンド、あさまブレンドともに450円。こもろブレンドが濃く深い味わい。あさまブレンドが少しさわやかでやわらかい味わい。自家製チーズケーキも美味しくゆっくりできました。
子供連れで入ってもいやな顔をせず入れてくれました。ありがとうございます。
これで日程は終了。15時過ぎごろ佐久ICから上信越自動車道に乗り、一路東京のはずでしたが、予想通り?大渋滞のようでしたので、藤岡までは渋滞に並んだ後は、北関東自動車道で太田桐生に向かった後、国道122号~群馬県道20号~国道125号~埼玉県道3号~国道4号~埼葛広域農道~国道16号~江戸川沿い(通称江戸川高速)というルートで帰りました。
途中、加須のあたりでゴハンを食べたものの、21時過ぎには家に着きました。上出来です。
藤岡を抜けてからは渋滞なしで、我が家がよく行く「ジョイフル本田・新田店」のルートだったので、気楽にドライブ気分でした。
しっかし、この帰りのルートだと、どこからの帰り道だか分かりませんね。。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年9月18日 (金)

バッテリー交換完了!

20090918aa このところ、クルマのエンジンをかけるときにクランキングが弱いのが気になっていました。そうしたら、とうとう今週Emiが乗る時にスターターが回らなくなってしまいました。
実は先週末の時点で「ヤバそう」と思っていたので買い求めてありました。
輸入車では定評のあるACデルコです。我が家ではインテグラーレやアルファロメオの時にも使ってました。メンテナンスフリーで安いのがいいです。
プジョー307SWの型番は20-55D、クレールオンラインショップで9,980円!驚愕の安さです。
20090918a エンジンルームです。バッテリーは右奥。その前にインダクションボックスが鎮座しています。
とりあえず、バッテリーを外すにはインダクションボックスが邪魔ですので外してしまいます。
バッテリーカバーも外す必要がありそうです。
バッテリー交換では、マイナス端子を外す⇒プラス端子を外すという順番なのですが、これではマイナス端子が隠れていて難しそうです。っというか、なんだこれ。
20090918b インダクションボックスの蓋は4本のビスで止まっています。プラスドライバーでトコトコ外します。その後、サクションパイプのホースバンドを緩めれば、蓋は外れます。
20090918c 蓋を外し、エアクリーナーを外すと、取っ手のようなものがあるので、これをつかんで引っ張れば、インダクションボックスは外れます。
20090918d 次にバッテリーです。マイナス端子ですが、嬉しいことに、プジョーのバッテリー端子はレバーになっていて、ボルト・ナットを回す必要がありません。整備性がイイんだか悪いんだか・・・
レバーを引っ張って、端子を外します。外した端子は他の金属部分に触れないように絶縁しておきます。
我が家では、軍手の中に突っ込んで動かないようにしておきます。
20090918e プラス端子です。こちらもレバーを引っ張れば外れます。
軍手にくるんでおきます。
その後、バッテリーカバーを引っ張れば外れます。
20090918f バッテリーは一本のボルトと金具で固定されています。
10mmのボックスとエクステンションをラチェットにかませて外します。
黄色い丸のところがボルトです。
外れたら新しいバッテリーと置き換えて、外す時と逆の手順で組んでいきます。
キーをオンにして、クランキング!・・・えっ??クランキング!・・・えっ??
かかりません。ちょっとあせってクルマ屋さん(同級生)のケータイに電話して「明日朝一で来て」と話をした後、もう一度クランキングしたら、あっけなくかかりました。あービックリした。もちろん「大丈夫だった」と電話しました。
でもこうやってずっとイタリア車・フランス車のいろんなクルマ(時にはデルタみたいな変態車も)に乗ってられるのも、このクルマ屋さん(マコっちゃん)あってのものなので、感謝です。
さー明日から連休だー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

詰め替えインク

20090916a 我が家のプリンターはHPの複合機2710なのですが、HPのプリンターは、仕組み上ヘッドがインク側にあるので、インクカートリッジが高いのが難点です。黒とカラーをそろえると、安いショップでも5,000円を超えてしまいます。
それ以外にもいろいろ気に入らない点があったので、「そろそろ買い替えかな~」なんて考えていたのですが、9月は我が家にとっていろいろ入用なので、節約することにしました。
そこで詰め替えインクです。機会があれば試したいと思っていました。今回はエレコムのポンプ付きのキットを買いました。
20090916b 箱を開けるとこんな感じです。これは黒インク用のキットですが、オレンジ色のがポンプです。左上の黒いのがインクですね。
ビニール手袋も付いていて至れり尽くせりです。さてどうなるでしょう。
20090916c インクを注入中です。手順じたいは説明書があるのでその通りに行なっていけば簡単です。
キットは結構しっかりしているのですが、カラーの方は注入針が取れてしまいました。品質は????ですね。
その後、テスト印刷をしてみましたが、純正に比べるとちょっとショボイです。標準紙印刷専用と考えた方がよさそうです。
写真を印刷するときはカートリッジを替えるですかね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

晴れた日はオイル交換

20090913a_3 そろそろ8,000kmを超えたので、オイル交換をします。来週も長距離旅行ですので、その前にキレイなオイルにしておきます。前のクルマでは5,000Km毎にオイル交換をしてましたが、今回のクルマは走り志向ではないので、放置してました。さすがに1万km前に交換です。
今回は普及価格帯のカストロールXF08を使います。古いオイルは、オイルチェンジャーで上から吸い出してオイルパックリに吸わせます。オイルパックリは燃えるゴミで捨てます。
この数年はジャッキアップせずに上から交換しています。下から抜くと、キレイに抜ける気がするのですが、ジャッキアップしたり、下潜ったり、ドレンのワッシャを交換したりと、面倒が多いので、オイルチェンジャーを買ってからは専ら上抜きです。
オイルチェンジャーはエマーソンのもので、スーパービバホームで2年前に3,980円で買ったものです。
20090913b チェンジャーの吸い込みパイプは2種類の太さがあるのですが、プジョー307の場合は細い方を使います。スチールのガイドをパイプの中に通し、中で折れないようにしてから、オイルレベルゲージのパイプの中に入れていきます。
このクルマの場合は一番奥まで入りました。
20090913c_2 全てのパイプを接続して、廃油側をオイルパックリの中に入れておきます。
後はひたすらポンピングです。息切れする頃には全部吸い終わります。
20090913d 吸い出し終わったら、オイルジョッキにオイルを入れ、注入口から注いでいきます。オイルジョッキを使わない人もいますけど、こぼれたりするのも面倒なので、私はジョッキを使っています。使ったジョッキはウエスで拭いてスーパーの袋なんかに入れてとっておきます。
後は、エンジンをかけてオイルを回した後、エンジンを止めて落ち着いたところで、オイルレベルゲージで量を測ったおしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

ゴリゴリゴリっと

20090912a全然関係ないですが、コーヒーミルを買いました。
我が家は大量コーヒー消費ファミリーなので、いちいち挽いてられないなんて考えていたのですが、最近、キャンプでコーヒーを淹れる用に買ったケトルがパーコレータ兼用で(というかパーコレータと知ってて買ったのですが)
せっかくパーコレータなんだから、粗挽き豆で使ってみなくちゃってわけで、イトーヨーカドー四つ木店で2,620円で買ってきました。ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンです。
豆の量と濃さは慣れが必要ですが、香りは挽いてある豆とは比べ物にならないですね。
最近はネットでリーズナブルな豆もあるので、週末の時間のあるときとか楽しみたいですね。
あ、もちろんキャンプでも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

ビービーキューでも

20090906a_2 キャンプネタです。
次回のキャンプは9月の連休に予定しているのですが、今度はBBQでもしたいな~などと、かねがね考えていました。
もともと我が家では肉をあまり食べないのですが、そろそろ小さい子供たちも肉を食べるようになってきたので、物は試しとばかり、手ごろなBBQグリルを探していました。それもかさばらないヤツ。
そしたらありました。「尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロ F-2527」 Amazonで2,980円でした。
届いてみてビックリ。超小さいです。しかも学生が持っているようなプラスティックのケースに入っています。大きさはA4強でしょうか。これならもって行くにも負担にならなそうです。
20090906b_2 とりあえず組み立てました。ここまで3分です。まぁまぁですね。意外としっかりしていますが、ダッチオーブンが乗せられるほどではなさそうです。BBQ専用ですね。
焼ける面積もA4強です。我が家では十分ですね。
20090906c_2 試し焼きです。今日は頼もしい援軍(エミ母)も来ているので、思う存分焼くことができます。写真は随分安上がりなBBQに見えますが、この後ちゃんとオージービーフやら栃木牛やらをちゃんと焼きました。
久々の肉はウマかったですヨ~
使い終わった後の掃除ですが、ステンレスなので結構ラクです。まぁ焼けてしまったところは色が変わってしまいますが、そこ以外は簡単にきれいになります。
ちょっとゆがみますがちゃんと元通り収納できます。これから使い道が増えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »